誤謬日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

マネーモンスター を見て

www.bd-dvd.sonypictures.jp

 

司会者リー・ゲイツ(ジョージ・クルーニー)の軽快なトークと財テク情報で高視聴率を稼いでいるTV番組「マネーモンスター」。番組ディレクターであるパティ(ジュリア・ロバーツ)はセットの陰に潜む不審者に気がつく。突然鳴り響く銃声。犯人(ジャック・オコンネル)が銃を手にリーを人質にとり、番組がジャックされた。  株の情報操作が意図的に行われ、全財産を失くしたとTVを通じて視聴者に訴える犯人。その原因は、数日前のO.Aでリーが発した情報だった。犯人の主張の中で、リーは自分自身も誤情報を無自覚にタレ流していたことに気づく。一体何が起きているのか―。  ウォール街の闇に封じ込まれた情報操作を暴くため、リーは人質から"共犯"へと立場を逆転させる。一方で警察の銃口は彼らに狙いを定めていた。事件の中継を通じて、徐々に見えてくる”真実”。その核心が暴かれようとしたとき、彼らと全米の視聴者が直面する、知ってはならない「結末」とは―。

 

FXをやっている自分としては

経済娯楽番組を参考にして

不利益を被ることは他人事ではない。

 

テレビの司会者はお金持ちである。

司会者が言う上がる株価は

盲目に信用してしまい

一攫千金を目指すトレードをしまう。

 

株価が下がったのは

結果的に不正をしていたわけだが

不正をしてもしなくても

自分だけは騙されずに

利益を出さないといけない。

 

映画の世界ではあり

番組に乱入したりすることはないが

実際に不正をしていたことは

現実世界でもあり得るかもしれない。

 

それでも

自分だけは利益を出さないと

いけないのが

株やFXなのである。