誤謬日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

復活 を見て

 

www.bd-dvd.sonypictures.jp

 

古代ローマ。イエス・キリストを処刑した百人隊長クラヴィアスのもとに、イエスの遺体が消えたとの報告が届く。エルサレムでの反乱の気運と、高まるメシア復活の噂を鎮めるため、ローマ総督ピラトから調査を命じられた彼は、イエスの弟子たちが遺体を隠したと確信し、遂に隠れ家に踏み込む。呆然と立ち尽くすクラヴィアス。なぜならそこには彼が十字架に張りつけたはずの“あの男”がいたからだった。

 

キリスト教徒を迫害する側から

回心してクリスチャンになる

パターンはよくある。

 

しかし、この映画は

イエスの復活を調査するという役目から

クリスチャンになるという

ちょっと違うパターンであった。

 

ナザレのイエスに影響された人は

新約聖書に出てくる登場人物以外にも

多くいることを気づかせてくれる映画でもあった。

 

イエスの奇跡を目撃した人、 

処刑の場面にも遭遇した人、

復活したという噂を耳にした人もいた。

 

そういった人たちが多くいたおかげで

原始キリスト教が広まっていったと考えられる。

 

いわば、

噂話が広まったということかもしれない。

 

その噂話が広がっていく過程で

イエスの奇跡が盛られていった面があるとも

考えられなくもない。