誤謬日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

バラバ(1962) を見て

movie.walkerplus.com

 

二千年前のエルサレム。ここには年に一度、ユダヤ民衆の指名によって罪びとを一人処刑するとき、重罪人を一人だけ釈放するならわしがあった。今年はキリストが礫刑に処せられることになり、ローマのユダヤ総督ピラト(アーサー・ケネディ)は民衆の声を聞き入れ、盗賊バラバ(アンソニー・クイン)に自由を与えた。釈放されたバラバが町の酒場で昔の仲間に歓迎されているところへ彼の女ラケル(シルヴァーナ・マンガーノ)が入ってきた。それからどれだけの時間を経たか--バラバは、まだ昼間なのに、あたりが闇に包まれていることに気づいた。キリストの死を悲しんでか太陽が光を失ったのだ。バラバは何かにひかれるようにゴルゴダの丘へ向かった。キリストの死後、信者になっていたラケルも捕えられて処刑された。この出来事にバラバは再び狂暴化、間もなく捕えられ、シシリーの硫黄鉱に流刑となった。ガスの渦巻く地獄のような地下での労役。多くの囚人が生命を失った。が、バラバとキリスト教徒サハク(ヴィットリオ・ガスマン)だけは生きのびた。不死身の二人の話を聞いた州総督夫妻は、二人を闘士養成所へ入れた。ところがサハクは闘技場で相手を殺すことを拒み反逆罪に問われ、隊長のトルヴァド(ジャック・パランス)に処刑された。怒ったバラバはトルヴァドと対決、彼を倒した。皇帝はバラバに自由を与えた。バラバはサハクをキリスト教徒の地下墓地に葬った。その直後、ローマの炎上が始まった。キリスト教徒の反乱だと信じたバラバは、このとき神の声を聞いたように思った。今こそ古きものを焼き払うのだ。彼は狂ったように火をつけて回った。そしてまた捕えられた。八百のキリスト教徒とともに十字架にかけられたバラバは「私の魂をおそばにお召し下さい」と静かに神に願うのだった。

 

この映画で描かれる

バラバは性格が悪く信仰心がない。 

 

イエスが言った

「わたしが来たのは、

 正しい人を招くためではなく、

 罪人を招くためである」を

如実にあらわしている。

 

バラバが十二使徒と出会ったり、

復活したラザロと会い

こんな会話をしたのかと

想いを馳せることはおもしろい。

 

キリスト教では

イエスが十字架にかかり

人々の罪のために犠牲になったという考え方がある。

 

しかし、バラバの場合

現実問題として

イエスが実際にバラバの代わりに罪を背負ったのである。