誤謬日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

はじめての聖書 (河出文庫) を読んで 

 

 

羊、クリスマス、十字架、ノア、モーセ、イエス、罪、 愛、最後の審判……聖書の重要ポイントをきわめて平易に 説き直す。世界標準の基礎知識への道案内。ほんものの 聖書を読むための「予告編」。 解説:佐藤優(作家・元外務省主任分析官) 佐藤優氏推薦! 「真の知識人は、難解な事柄について、水準を一切落と すことなく、わかりやすく書くことができる。橋爪大三 郎氏というキリスト教に通暁した社会学者がいること で、日本の読書界におけるキリスト教理解の水準が著し く向上した。」

 

いま旧約聖書を読んでいて

出エジプト記まで進んだ。

 

モーセに関するものとか

イスラエルについて

自分のなかで整理することができた。

 

内容が濃いというよりも

聖書に関する知識を知れる本でもあった。

 

イスラエル人と羊の関係。 

天とはドーム状になっているガラスのようなもの。

サムソンの物語、詩篇はダビデが作った歌など。

 

旧約聖書について

ある程度の知識を得たくて

この本を購入したのだが

新約聖書部分でも本質を知れる。

 

サドカイ派は儀式を重んじる。(カトリック)

パリサイ派は律法を重んじる。(プロテスタント)

 

イエスは律法に

とらわれてはいけないと言った。

 

ようするにイエスは

聖書にとらわれてはいけない言ったのである。