誤謬日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

デビルクエスト を見て

movies.yahoo.co.jp

 

十字軍の騎士ベイメン(ニコラス・ケイジ)とフェルソン(ロン・パールマン)は、キリストの名のもとに激しい戦闘の日々を送っていた。そんなあるとき、遠征と殺りくの日々に疑問を抱いたベイメンは、フェルソンと共に旅に出る。しかし、立ち寄った町で捕らえられた彼らは、枢機卿からある特命を受け、修道院を目指すことに。

 

クエストだけあって

騎士が悪魔を倒す物語である。

 

魔女というと

魔女裁判、魔女狩りというイメージがあり

教会の負の歴史だと思う。

 

この映画はエンターテイメントなので

実際に悪魔が女性に取り憑かれていた内容である。

 

魔女が黒死病を流行らせたり

ソロモンの書で悪魔を退治したり

実際の歴史とリンクさせている。

 

映画の楽しみは 

悪魔に取り憑かれた女性が

不思議な力を使って

騎士や修道士を惑わしていくところ。

 

魔女がいい奴なのか悪い奴なのか

想像することである。