誤謬日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

ザ・プロファイラー「“黒い瞳の伯爵夫人”の苦悩~クーデンホーフ光子~」 を見て

www4.nhk.or.jp

 

岡田准一がMCを務める歴史エンターテインメント。「黒い瞳の伯爵夫人」と呼ばれたクーデンホーフ光子。明治時代、町娘だったが、ヨーロッパの名門貴族の男性と結婚。だが、いったんヨーロッパに行き、帰国する予定だったが、結局、二度と帰国できない状況に。そして、晩年は孤独に陥ってしまう。誰もがうらやむシンデレラ・ストーリーの現実とは?かつて吉永小百合さんが出演したドキュメンタリー・ドラマの映像も紹介。

 

最後まで

自分の素を出さなかった人。

 アイドルと似たような感じかもしれない。

 

17歳でヨーロッパの伯爵と結婚し

周りから注目を浴びるようになれば

自分のアイデンティティとか

どういった人間なのかとか考える前に

貴婦人としての役割を演じなけらばならない。

 

伯爵の奥さんとして

教養を身につけたり

子どもを教育したりと努力できたのは、

「日本人としての誇りを忘れないで」という

皇后の言葉が大きいと思う。

 

7人の子どもに恵まれたが

古い慣習の日本人女性として

規律や親の言うことは絶対という価値観と

ヨーロッパ貴族の自由を重んじる

子どもとの対立がおもしろい。

 

ある意味、規律や風習を守る価値観は

日本人としての誇りとイコールになるかもしれない。

 

結果的に多くの子どもたちは

光子さんのもとから離れることになってしまうが

子どもたちは母親の苦労もよく知っていた。