誤謬日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

ザ・プロファイラー~夢と野望の人生~「建築の常識に挑んだ異才~ガウディ~」

www4.nhk.or.jp

 

岡田准一がMCを務める歴史エンターテインメント。サグラダ・ファミリアの建築家として知られるガウディ。当時の建築界の常識を打ち破り、ゆがんだ形や派手な色を多用した。そこには、自然界にある形や色を建物に取り込むことで、建物を自然と調和させたいという思いがあった。なぜそんな思いを抱いたのか?そして、若い頃「俗人の建築家」であったガウディは、いつしか「神の建築家」になっていく。何があったのか?

 

修道院を見て建築家を目指し、

 

大聖堂建築のために

ミサに出席し教典まで読んだり

 

40日間の断食をしたりと

ガウディは宗教的な人物であった。

 

バルセロナ大学で建築を勉強していたときは

誰からも評価されなかったが

大金持ちから認められたことによって

成功した俗人の建築家となる。

 

しかし、その当時から

依頼人の好きなものを聞き

建築に取り入れていた。

 

例えば

タイル会社の社長だったら

建築にタイルを施したり

なくなった旦那がキノコが好きだったら

建築にキノコをあしらったりした。

 

人を観察し、内部のデザインまで

考えて建築する。

 

俗人の建築家の時でも

人間のことを思った建築をしている。

 

神の建築家と呼ばれたときも

神や信者のための建築をしているとしたら

本質的には何も変わっていないのかもしれない。