バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

100分de名著 ラッセル「幸福論」 第1回 自分を不幸にする原因 を見て

www.nhk.or.jp

 

ラッセルは、「幸福論」を説き起こすにあたり、「人々を不幸にする原因」の分析から始める。その最たるものはネガティブな「自己没頭」。それには、罪の意識にとりつかれ自分を責め続ける「罪びと」、自分のことを愛しすぎて他者から相手にされなくなる「ナルシスト」、野望が巨大すぎるが故に決して満足を得ることができない「誇大妄想狂」の3つのタイプがある。いずれも自分自身にとらわれすぎることが不幸の原因であり、ラッセルは、自分自身への関心を薄め、外界への興味を増進していくことを薦める。第一回は、ラッセル自身の人生の歩みを紹介しながら、人々を不幸にしてしまう原因を明らかにしていく。

 

ラッセルが幸福になれた理由。

・趣味もたくさん持つ

・あきらめること

・外側に関心を向ける

 

不幸とは自己没頭

・罪の意識がある(変な道徳心)

・ナルシスト(人からの賛美を求める)

・誇大妄想(権力欲)

 

つまり、外に目を向けること。

 

三大幸福論の1つと呼ばれる

ラッセルの幸福論は

一番心が揺さぶられない。

 

すごい理論的すぎるのである。

 

ラッセルのWikipediaをみると

無神論者であるとされる。

 

宗教的なものを信じていないのは

プロテスタントの祖母の

教育の影響が強いかもしれない。

 

ただ、宗教的でなくとも

人間にとって幸福がいかに大事なのかを

理解している人もいるということ。