バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

中国のゴッホ 本物への旅 を見て 

www6.nhk.or.jp

 

世界の名画の複製画の大半を制作しているとされる中国広東省の大芬村。ゴッホを専門にするシャオヨンは、本物を見たいとオランダに行き、芸術の奥深さに衝撃を受ける。 これまで1万枚を超すゴッホの複製画を描いてきたシャオヨンは、自分の自信作がオランダでは土産品として安っぽく扱われている現実を知って落胆。美術館では、自分が知っているつもりだった本物の色使いや美しさに圧倒される。学歴もなく、社会に認められたいと独学で油絵を学んできた絵師は、故郷に戻り、家族や町の風景を描き始めていく・・・

 

分業制でゴッホの絵の贋作を大量に作る中国の人たち。

 

田舎で仲の良い仲間と絵を描く。

気楽な仕事なのかと思いきや

作り直せ!とか仕事の厳しさもある。

 

確かに怒られている人の絵を見たとき

これは似てないと思った。

ゴッホの顎が長いのである。

 

多分、雇うときに

絵は描いていればうまくなるから

今実力がなくてもいいだろうという

考え方なのだろう。

 

シャオヨンさんは 

20年以上も本物のゴッホの絵を見たこともないのに

生活のために贋作を描き続ける。

お金のために絵を描いている感じがして

とてもよい。

 

オランダに行き、自分たちの絵が売られていた。 

自分たちが描いた絵は400元で売っていたが

オランダでは4000元で売っていたことに

ショックを受ける。

 

しかし、

ゴッホの本物の絵を見てから

絵に対する情熱が大きくなり

贋作ばっかりだった絵も

肖像画や風景画を描くようになった。

 

生活のために贋作を作っていたのに

ゴッホの本物の絵を見てからは

お金というよりも

すごい画家になりたくて

絵を描くという意識になっていた。

 

ドキュメンタリーとして

人が変わっていく様子を見れることは

とても素晴らしい。

 

シャオヨンさんが描いたゴッホの贋作。

自分が見てもすごい似ていると思った。

 

オランダでも売れているので

他の人が見ても似ていると思うだろし

オランダで販売していたオーナーは

本物とすり替えてわからないと言っていたほどである。

 

しかし、

シャオヨンさんは本物の方がものすごいという。

比較するのもおこがましいと。

 

絵の違いは

本当に絵が好きな人でないと理解できない。