バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

世界政治 裏側の真実 を読んで

 

 

 

権力者は裏でつながっている! トランプ米大統領誕生後、激変する世界と日本の“今"がわかる! トランプ(アメリカ)、プーチン(ロシア)、習近平(中国)……。権力者たちの共同謀議(コンスピラシー)とインテリジェンスの正体とは!? 緊迫する国際情勢の深部を日本最高知性の2人が縦横無尽に語る。メディアでは絶対に伝えられない真実が満載! 日本文芸社のベストセラーシリーズ、第4弾。 ●2018年4月にアメリカが北朝鮮を空爆する ●欧米との戦いに打ち勝ったプーチン ●第2次ヤルタ体制と拡大するテロリズムの行方 ●諜報大国イギリスのインテリジェンス能力を読む ●安倍政権のコンスピラシーを暴く

 

 

コンビニで売ってそうな

都市伝説本に近い感じがするが

なぜか説得力がある。

 

トランプ政権の黒幕は

ヘンリー・キッシンジャーであること。

 

ヒラリーが当選していたら

中国とアメリカの南シナ海の問題が大きくなって

世界戦争が勃発していたなど

なかなかのものである。

 

佐藤優という

元外務省、主任分析官の肩書きのせいなのか

説得力を持ってしまう。

 

そういったトンデモ説であっても

本当に現実問題として

思えるのである。

  

副島隆彦さんの本を共著ではあるが

初めて読んで

陰謀論的なものを信じている人のような気がする。

 

読み物としては

陰謀論的なものの方が

読んでいて面白いし話のネタにもなるが

果たして、どこまで信じていいのかがわからない。