バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

ザ・プロファイラー~夢と野望の人生~▽バージン・クイーンの素顔~エリザベス1世 を見て 

www4.nhk.or.jp

 

岡田准一がMCを務める歴史エンターテインメント。ヨーロッパの小国にすぎなかったイギリスが、大国に発展する礎を築いたエリザベス1世。姉から嫌われ、ロンドン塔に幽閉、死をも覚悟した。25歳で即位、だが大国スペイン・フランスに対抗するため、難しいかじ取りを迫られる。一方で「イケメン好き」「化粧に時間をかける」という一面もあった。生涯独身を貫き、国家に身をささげた「バージン・クイーン」の実像に迫る。

 

エリザベス女王1世についての番組を見ると

イギリス国民に対する愛がすごかったと感じる。

 

救貧法を考えたり、

カトリックとプロテスタントの中道の模索、

結婚をしなかったこと。

 

エリザベス1世が関わってきた人物をみる。

 

腹違いの姉、メアリー・スチュアート(メアリー1世)。

幼馴染の貴族である、ロバート・ダドリー。

スコットランド女王、メアリー。

海賊、フランシス・ドレーク。

 

王位継承問題で自身が幽閉されてしまったこと、

王女であるが故に恋愛結婚しなかったこと、

親戚で年下の王女を処刑しなければならないこと、

スペイン艦隊に勝つため海賊を抜擢したこと。

 

自分の立場と

公私混合しない王女であることがわかるが

だからといって

なんでもバッサリ決めていったわけではなく

悩みながらの決断していった。

 

 

スペインがスコットランドのメアリー王女を

イギリス王女にしようとしたが

メアリーが暗殺されたので、実力行使にでたという話。

 

北朝鮮を思い出した。

他国が金正男を北朝鮮のトップにしようとしたが

金正恩に暗殺されたので実力行使に出るという

道筋と似ているかもしれない。