バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

アナザーストーリーズ 運命の分岐点「手塚治虫 ブラック・ジャックからの伝言」 

www4.nhk.or.jp

 

漫画の神様・手塚治虫が生んだ異端の天才外科医「ブラック・ジャック」。しかし連載が始まったとき、手塚はどん底にいて、まったく期待されていなかった。それがなぜ大ヒット漫画になったのか?初代編集者が語る誕生秘話、医療に携わる者を揺さぶり続ける命をめぐる重い問いかけ、がんと闘う大林宣彦監督が語る共通の戦争体験…不条理や人間の闇と格闘するブラック・ジャック。手塚治虫が本当に伝えたかったメッセージとは?

 

僕がブラックジャック及び

手塚作品が好きなのは

彼の作品が哲学的だからである。

 

そのなかでも

ブラックジャックは現実的な

人間ドラマ、生きるとはどういうことか

倫理観がつまっているような気がする。

 

当時の医学の問題として

臓器移植が日本で初めて行われたが

手術を成功させやすくするために

提供者の死亡認定を早くしたという疑いがある

和田心臓移植事件があった。

 

手塚治虫は医者の卵であるから

そういった事件や安楽死、

医者とは何かということについて

自分なりの哲学を持っていたと思う。

 

 

医者なら誰でも

ブラックジャックに憧れるという。

 

でも、それは手術の腕が

技術的にうまいというだけでない

ブラックジャックの生き方や考え方、

患者に寄り添う姿勢に共感している。