バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

ヒトラーとトランプ (祥伝社新書) を読んで

 

 

移民排斥や世界経済網からの離脱、貿易赤字の相手国への攻撃など、極端な自国優遇政策を強行するアメリカ のトランプ大統領は、ヒトラーの再来と言われることもあります。ひたすらナショナリズムを煽る彼の言動は危険なもので、 世界は一言一句に固唾を呑んで見守っている。 20世紀最大の戦争犯罪人ヒトラーはトランプ同様、国民に待望されて登場した政治家で、当時のドイツには彼を迎え入れな ければならない深刻な事情がありました。 ヒトラーのしろトランプにしろ、彼らを非難する人は多いのですが、なぜ強い支持を受けて出現したかを論じることが重要でjはないかと、本書は主張しています。トランプにヒトラーの轍(てつ)を踏ませないために、時代背景の分析が必要で、そのために本書は書かれました。

 

難しい言葉や専門用語なく

文章がとても読みやすかった。

 

ヒトラーとトランプの共通点、

社会的背景が似ている部分がある。

 

ナショナリズム、

国の借金、失業対策、移民問題。

 

ただ一概に

トランプ政権がナチス政権のように

国を滅ぼす結果になるとは言えない。

 

まず任期が4年だということ。

 

そして、

トランプの大統領令を

裁判所が差し止めにしたりと

大統領の横暴を止めるシステムが

出来上がってるのが大きい。

 

著者の経歴を見ると

ナチスの関連本をたくさん出している。

 

だからこそ

ヒトラーやナチスに対して

世間と違うイメージが

書かれていることがあって勉強になる。

 

ヒトラーが

英仏と戦争したくなかったこと、

ノーベル平和賞候補だったこと。

 

 

この本では書かれていなかったが

ヒトラーとトランプの

メディアの対応があったら

もっとおもしろかったかもしれない。