バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

三度目の殺人 を見て

 

gaga.ne.jp

 

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

 

是枝さんと福山さんがタッグした

「そして父になる」が

とてもおもしろかったので

映画館で見ることにした。

 

平日の午前に行ったが

席はガラガラだった。

 

法廷ものの映画は

流行りにくいのか

福山雅治と広瀬すずという

見た目がよい役者で固めていた。

 

映画の焦点は

役所広司の本当の犯行動機は

何かということだと思っていた。

 

しかし、

映画の話が進むにつれ

広瀬が自分の父親を殺した

真犯人であることがわかる。

 

役所は広瀬をかばうために

自らが犯行動機を創作しているのではないか。

 

しかし、そういったストーリーを

弁護士である福山が

思い込みたいだけなのではないか。

 

役所は殺人事件の前科もあり

カナリアまで殺しているので

根っからのいい人ではない。

 

映画の最後で

弁護士、福山が役所に対して

「からっぽ…」と言っていた。

 

役所は何も考えておらず

弁護士や検事の言われるがままに

していたら死刑となってしまった。

 

この映画は

ことの真相を知りたくなるが

映画が伝えたいメッセージは違う。

 

事件に対して法廷のあり方の

問題視しているのかもしれない。

 

www.youtube.com

 

宮台さんが

和歌山毒物カレー事件に似ていると言っていた。

 

・河川で殺人現場を誰も見ていない点

(カレー事件も確固たる目撃情報がない)

 

・役所さんが一回犯罪を犯していた

(林真須美氏も保険金詐欺をしていた)

 

・冤罪の可能性もある

 かもしれないが死刑になっている

 

上記の事柄を考えると

とても似ているし

法廷の問題もからんでくる。

 

 

映画のタイトルである「三度目の殺人」

 

映画批評のブログなんかを読んでいると

・役所の前科での殺人

・広瀬が父親を殺したこと

・役所の死刑

 

この3つだという意見が主流である。

 

ただ十字架も3つ出てくる。

・河川敷での殺人

・カナリアのお墓

・福山の十字路

 

十字架とは罪を背負うという意味がある。

河川敷の十字架は広瀬の罪。

カナリアのお墓は役所の罪。

十字路の十字架は福山の罪。

 

法律によって裁かれなくても

人は誰しも罪を持ってしまうという

意味だと捉えることもできる。