バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

劇画ヒットラー (ちくま文庫) を読んで

 

 

 

画家への夢が破れた、ハニカミヤで誇大妄想狂の青年は、働く気力をなくし、浮浪者収容所で日々を送っていた。 はた目には人生の落伍者にみえた青年アドルフ・ヒットラーが、ドイツ民衆を熱狂させ世界制覇の野望にもえる独裁者となったのはなぜなのか、いったいヒットラーとはどんな人間だったのか。 骨太な筆致で描く伝記漫画。

 

 

ドイツ(ワイマール共和国)の

政治家たちもナチスの危険性を理解し

ヒトラーに演説を禁止するようにいった。

 

ナチスの中でも

ヒトラーに批判的な人物(シュトラッサー)がいて

最初からナチ党のトップにいたわけでもない。

 

ナチスが誕生した当初は

人も金もなく、影響力がまったくない政党であった。

 

しかし、ヒトラーの天才的な演説により

人も金も集まり、ナチ党は拡大していく。

 

この演説力により

党のなかでも重要なポジションについていくのである。

 

 

ムッソリーニはヒトラーについて

「おしゃべりな修道士のようだ」と言った。

 

ヒトラーは政治家というよりも

カルト宗教の教祖だと思う。

 

オカルティズムに興味があり

自分の前世を赤ひげ王と自称し

予言書的なのも出している。

 

ヒトラーには

何回も暗殺計画が立てられているが

ある声が聞こえ、その声の通り移動し

爆発から逃れていたという話がたくさんある。

 

ドイツの大衆は 

この悪魔的な演説により

ヒトラーが本物だと信じ込んでしまう。

 

 

元オウム真理教の幹部信者、

村岡達子さんのドキュメンタリー番組をみた。

 

彼女はいまだに

麻原彰晃を信じているという。

 

麻原に手をかざされたとき

虹色の光が見えた内的体験から

麻原に対する信仰を

捨てることができないという。

 

ヒトラーを支持した

ドイツ国民に非があるという考えは理解できるが

自分があの当時ヒトラーの演説を聞いていたら

影響されているかもしれない。

 

イギリスとロシアとの戦争で敗北しても

あのような演説をする人物が失敗するはずがない。

 

まさにカルト宗教と同じ構造である。

 

カルトの信者は

教祖から得た内的体験から

本物だと信じてしまい

どんな批判やマイナス面も

見えなくなってくる。

 

ドイツの大衆にとって

ヒトラーの演説が

内的体験だったと思える。