バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

奇跡の丘 を見て

 

 

無神論者であるパゾリーニが「マタイによる福音書」に基づいてキリストの生涯を映画化。 元のテキストの簡潔な文体をそのままに、キリストや使徒たちの心理描写は排して、事象を淡々と綴っていく。 撮影は南イタリアで行われたが、ドラマの背景となるスペクタクルな景観は、まるで太古にタイムスリップしてロケーションしたかと思わせるリアリティで圧巻。 キリストを演じたエンリケ・イラソキほか出演者は全て職業的な俳優ではなく、年老いたマリア役としてパゾリーニの母スザンナも登場。 第25回ヴェネツィア国際映画祭審査員特別賞ほか、数々の賞に輝く傑作。

 

マタイによる福音書を

そのまま映像で表現した内容。

 

新約聖書に書かれていない

無駄な会話は一切ない。

 

なので

ヨセフと聖母マリアの会話はない。

 

喜ばしい場面、悲しい場面では

役者の顔の表情や

BGMで演出されている。

 

イエスの説教の話し方の抑揚や

弟子たちの表情などで

心理描写が読み取れるので

上記の紹介文は正しくない。

 

白黒映像のせいかもしれないが

風景が当時のエルサレムっぽい感じがする。

 

イエスの奇跡の場面は

CG加工ではなくカット割りである。

 

皮膚病を治すところや

水の上を歩く場面は

チープな感じを

受けてしまうのは仕方がない。