バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先 (角川新書) を読んで

 

 

 フェイクニュースに騙されない! 世界のニュース池上解説・決定版、第8弾  池上彰の「知らないと恥をかく世界の大問題」(知ら恥)シリーズの第8弾。  2016年は、6月のイギリスEU離脱決定からトランプ大統領誕生まで、「自国ファースト」「反グローバル」「世界分断」の大きな流れが世界を包んだ。  この流れのまま、2017年の世界はどうなっていくのか?   右派勢力の台頭が気になる欧州での選挙、第5次中東戦争のリスクの高まり、北朝鮮の暴走……など、大衝突の種が世界中に転がっている。世界秩序が再び崩れていくのか? 重要な一年となるだろう。  トランプ現象によって、世界の大問題がよりクリアになり、そしてそのニュースに多くの人が関心をもった。世界が抱える大問題に真剣に向き合い、いかに行動するかを考える――、そのよいきっかけにしなければいけない。  “世界のニュースの入門書”として定着した「知らないと恥をかく世界の大問題」シリーズが伝える世界の今。あふれる情報の中から、いかに本質を見抜くのか。考えるヒントを、最新ニュースを題材に語る。

 

知らないと恥をかくとあって

基本的なことだけかと思ったが

この本には、

いろいろ深い内容まで書いてある。

 

ニュースの中身を

解説するという内容だが

きちんと歴史から振り返っているので

なんでこんなことが起きているのか

背景が分かり、腑に落ちる部分が多い。

 

それぞれアメリカ、ヨーロッパ、

中東、アジアの現在の問題点には

ソ連の崩壊が関わっていると思った。

 

中東がこんな状況になってしまったのは

サイクス・ピコ協定が

原因だとよく言われている。

 

しかし、

ソ連のアフガニスタン侵攻により

テロ組織が出てきたとも言える。

 

ソ連は隣国する国々を

自分の味方にしたかったが

アメリカはそのまた隣国する国に

武器を提供していった。

 

結果、そのことが

のちのちテロ組織に対して

武器やお金を与えたことになる。

 

アメリカが気に食わなければ

ソ連(社会主義国)側に

つけばよかったが

ソ連が崩壊すると

アメリカに反抗する手立てが

テロしかなくなってしまうのだろうか。

 

タイトルには

世界の大問題とあるが

日本の政党についても

簡易的にまとめられていた。

 

自民党の党是が

憲法改正なった理由。

 

一定数の支持があった社会党が

影響力が落ちていってしまい

いまの社民党になってしまったこと。

 

日頃のニュースを見ていて

なんとなく流して聞いていたことが

理解できるとニュースの見方も変わるだろう。