バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

歴史は実用品ではないと思う。

テレビを見ていたら

磯田道史さんという歴史学者が

「歴史は嗜好品ではなく、

 実用品だと言っていた」

 

歴史を知ることによって

これから起こりえることに

生かすということができるという。

 

確かに歴史を知って

似たような出来事はあるかもしれないが

まったく同じ環境、時代、出来事は

絶対ないので、結果的には役に立たない。

 

仕事やビジネスをやっていると

歴史(過去の出来事)が

いかに役に立たないかが、よくわかる。

 


3/7「天才会議」水道橋博士×宮崎哲弥×宮台真司×苫米地英人

 

好きだからやってる。

それ以外に理由はいらない。

 

自分の場合だと

学問について何が好きかと言われれば

キリスト教について

勉強することが好きかもしれない。

 

でも、そんなに知識があるわけでもない。

テストをしてみたら低い点数だと思う。

でも好きだからやっている。

 

そして、キリスト教を

勉強したからといって

実生活に役に立つとは思わない。

 

宗教を勉強したから 

魂のステージが上がることもないし

自分に御利益がくるわけでもない。

 

好きなことや興味のあること、

それらをやっていると

精神的な充実がある。

 

ただ、それだけである。

 

しかし、精神的な充実は

人生にとって大切である。