バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

ザ・ノンフィクション『人生の失敗を生かすとき~あぶれ者たちの最終決戦~』 を見て

 

www.fujitv.co.jp

 

前編(7月9日放送)に続き、主人公は、広島県福山市にある小さな学習塾「フジゼミ」の藤岡克義さん(41歳)と、藤岡さんを頼りにやってきた、若者たち。  前編で、目標を医学部から看護学部へ変更した元ヤンキーの本田さん。看護学部から医学部への編入を視野に入れた決断でした。しかしその志望校は、屈指の難関大学。さらに、猛勉強に励む本田さんに新たな課題が生まれました。看護学部の受験に必須の面接試験です。過去の自分と向き合い、どう生きるかを問われる日々。藤岡さんの猛特訓が始まりました。そして、誰も予想できなかった結末が…。  東京の私立大学を目指すことにした早望(さきみ)さんは、心配事もなくなり、受験に向けてラストスパート。しかし順調に進むと思われたセンター試験の直後、事件が起きるのです…。  そして、もう1人は、大阪出身の幸太さん(19歳)一浪。いわゆるイマドキの男の子。勉強熱心な家庭で育ち、名門の中高一貫校に通っていましたが、落ちこぼれに転落。秋には併願可能な推薦受験に挑み、滑り止めをキープ。すっかり有頂天になった幸太さんは、好きな女の子に合格証を見せ、更なる難関校に鼓舞奮闘するのですが…。  あぶれ者たちの最終決戦、結果は如何に。

 

塾長が愛のある人だと思った。

 

成績が上がらない塾生が

医学部から看護大学に変更したとき

「医学部にしろ」と言わなかった。

 

塾長からすれば

自分の塾から医学部に入学する人がいれば

塾の評価も上がるが、それをしなかった。

 

むしろ看護師の仕事もいいと

励ましていた。

 

予備校や塾は

生徒を有名大学に入学させることが

評価になるし、お金になる。

それが仕事である。

 

しかし、有名大学に入学することが

すべてを保証してくれるわけではない。

 

頑張って勉強して

いい大学に入り、いい会社に入ることが

案外に不幸になってしまう事例が

このところよくある。