バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

ザ・ノンフィクション 塀の中のオンナたち を見て

www.fujitv.co.jp

 

 「刑務官」という職業を知っていますか?怖い・危ない・きつそう…。  そんなイメージではないですか?去年の春、あえて刑務官という職業を  選び、福島女子刑務所に配属されたニ人の女性達がいました。彼女達は  なぜ刑務官という職業を選んだのでしょうか?ニ人の口からこぼれる意  外な本音。未知の仕事に挑み、一人前になることを夢見て苦闘する“汗  と涙の日々”…。山本知絵里さん(19歳)。去年の春、青森の高校を卒  業したばかり。しかし、刑務官になったのは意外な理由からでした。仕  事は失敗ばかり…先輩に叱られ涙する日々。ところが、ある日突然、彼  氏ができるのです。果たして仕事と恋の行方は?太田千春さん(28歳)。  以前は陸上自衛隊で働いていました。しかし、人間関係が上手くいかず  退官。その後も、いくつか仕事を経験しますが、刑務官になることを決  意します。しかし、いざ配属されるとプレッシャーに押しつぶされそう  になっていました。そして、とんでもない失敗をしてしまうのです。駆  け出し刑務官の1年を通して知られざる「塀の中」の日々に迫ります。 

 

刑務官の仕事、

自分には絶対に無理である。

 

どっちが刑務所なのか

わからなかった。

 

受刑者の熱中症を気にかけたり

作業するときに

危ない道具はないかとか

細部まで気を使わないといけない。

 

受刑者が客で

刑務官が店員だと思えてくる。

 

受刑者には受刑者なりの

人間関係があると思うが

普通にしていればよくて

上司に怒られる心配や

気を使わなくてよさそうに見える。

 

ただ救いなのは

刑務官である彼女たちの

プライベートが

充実していたことであった。

 

刑務所と職場、

どっちの環境がいいのか

どっちもどっちだと思う。

 

1番の違いは

プライベートがあるかないかである。

 

つまるところ

普通に働いていたとしても

プライベートが充実していなければ

刑務所生活に近いのかもしれない。

 

 

 

近年、人工知能による

雇用の喪失が問題となっている。

www.nikkei.com

 

 

みな失業者となれば

生活に困ってしまうが

刑務所には

衣食住すべてが担保されている。

 

この状況なら

刑務所に入った方が

マシだと思う人いるだろう。

 

そして友達がいない人、

家族との絆が薄い人など

刑務所に入っても

デメリットがないのではないか。

 

 

www.sankei.com

 

さらに

受刑者が高齢化している問題があり

認知症や介護を必要とする

受刑者がいるという。

 

もはや刑務官の仕事は

介護職となっている。

 

刑務所にいる人が

介護を受けられて

普通に働いてきた人が

介護を受けられない状況。

 

刑務所では

他人とのコミュニケーションがあるが

老人の一人暮らしでは

全くない人もいるであろう。

 

生活の安定と

他人のコミュニケーション。

刑務所にはそれらがある。 

 

そして、貧しい年金の一人暮らしでは

それがない人もいる。

 

ベーシックインカムが実現し

生活の安定が保障されていたとしても

そういった

コミュニケーション格差が

問題となってくるであろう。