バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

NHKスペシャル 激震 “トランプ時代” 第2集  炎上 ヨーロッパ ~広がる“自国第一主義”~ を見て 

www6.nhk.or.jp

 

アメリカのトランプ大統領が掲げる「自国第一主義」のうねりは、海を越えたヨーロッパにも押し寄せ、世界のパワーバランスをさらに揺るがそうとしている。4月~5月に大統領選が行われるフランスでは「移民排斥」や「イスラム原理主義の脅威」を訴える極右・国民戦線のルペン党首が世論調査で首位に上昇。ボーダレス化を進めるEU(ヨーロッパ連合)に反発し、離脱を支持する声も高まっている。一方、今年秋に首相を決める議会選挙が行われるドイツ。100万人を超える難民を受け入れたメルケル首相への批判が高まり、排外的な右派政党が台頭。しかし、ホロコーストを引き起こした歴史の教訓から難民の受け入れを支持する市民も多く、各地でデモ隊が衝突するなど、激しい攻防戦が繰り広げられている。大戦の悲劇を2度と繰り返すまいと統合を進め、自由と寛容の精神を守る“最後の砦”となっているヨーロッパ。“トランプ旋風”が吹き荒れる中、中枢を担う2大国はどこへ向かうのか。選挙の動きや市民たちの現状を見つめながら、その行方を追う。

 

フランス

極右のルペン氏を

支持する人たち。

フランス国旗を掲げる人が多い。

 

マクロン氏を支持する人たち。

EUの旗を振りかざす人が多い。

 

マクロン

「EUを離脱したら

 フランスの経済は崩壊する」

 

フランスが離脱すれば

ヨーロッパが分断される。

 

国民戦線には過激な過去がある。

父親のジャンマリー・ルペンが

立ち上げ、そのときは

人種差別やナチスを

軽んじる発言をしていた。

 

6年前に党首の座を譲り受けた

マリーヌ・ルペン。

 

国民戦線の幹部は選挙戦略のため

穏健派方向にしたり

ネットを活用したりした。

 

ルペンは

EUに反発する農家の集会に登場する。

地方ではルペンを支持するようになった。

 

フランスの地方農家は

EU内の規制や

各国の価格競争で疲弊していた。

 

さらに、フランスの

若者の失業率は25%を超えている。

 

35歳のフランス人男性。

政治学を大学院まで行って勉強した。

 

しかし、卒業しても

5年間仕事が見つからず

いまも生活保護で暮らしている。

 

男性の母親は、

息子が国民戦線を

支持していることについて

不安を感じている。

 

ナチスは失業者を減らし

景気がよくなり

国民からの支持を得ると戦争を起こした。

 

ルペンが国民から支持されたら

何をするかわからない。

 

男性は次第にルペンに深く

コミットするようになり 

国民戦線から立候補したくなったという。

 

母親はショックを受けた。

 

 

ドイツ

ヨーロッパの大国、

ドイツもEUのことで揺れている。

 

米独首脳会談では

トランプとメルケルは握手をしなかった。 

 

ドイツは2年間で難民・移民を

110万人以上を受け入れ 

 EUの人道主義を守った。

 

難民を受け入れる施設を作ったものの

ボランティアに携わる人が減っていた。

 

21歳の大学生。

役所の手続きや生活面など

難民の対応をしているが

もう対応できなくなっている。

 

ベルリンではテロが起き 、

住宅街の中に難民施設を建設し

元の住民は転居を強いられる現状。

 

メルケル政権に対するデモもあるが

人道主義も根強くある。

 

それはドイツには負の歴史があったから。

ユダヤ人強制収容所で

多くのユダヤ人が難民になった。

 

ドイツに来る難民にも

社会に適応しようとしている人もいる。

 

感想

4月23日の

第1回目のフランス大統領選挙の結果、

マクロンとルペンの決選投票となった。

 

ルペンを支持する人は

フランスに対してアイデンティティがあって

マクロンを支持する人は

ヨーロッパ(EU)に対してアイデンティティが

あるのだと思う。

  

FX界隈では

マクロンが勝つと決まった風潮があるが

まだわからない。

 

イギリスのEU離脱。

トランプ大統領など。

どれもメディアが

ありえないと言っていた事柄が

実現している。

 

フランスの方のインタビューで

「フランスも日本のように

 自国第一にならないといけない」

と言っていた。

 

マクロンの演説を聞いていると

綺麗事を並べていると思えてくる。

 

移民・難民問題。

パリで起こるテロ。

EUによって農業を続けられなくなった人。

大学を出ても仕事がない若者。

 

こういった問題について

マクロン氏は対策があるのだろうか。

 

どの道、フランスは

これから悪くなっていくと思う。

 

ただ、マクロンでダメになるか

ルペンでダメになるかだけだと思う。

 

ヨーロッパの文化を守るために

移民・難民の受け入れの数を

抑制しようという動きはわかる。

 

しかし、

文化のないアメリカは

移民・難民を受け入れても

文化が変わることはないのではないか。

 

むしろ、

イスラム教徒のアメリカ大統領が

誕生してこそ

自由の国アメリカだと思う。

 

都市伝説だが

50年後には、数の力で

中国系アメリカ人の大統領が誕生するらしい。