読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

FXの心得(2017年4月中旬)

先日、ボーナスが支給されず

悔しかったのでFXを再度始めてみた。

 

FXの心得を作った。

この心得は変わっていく。

 

① ポジションを持ったら30分はチャートをみない

②10分足より短いチャートはみない

③ レンジのときはトレードをしない

④ トレンドを信じる

⑤ 何気にFX強者に耳を傾けるが最後は自分を信じる

⑥ チャートを分析する

⑦ 損切りはしない

⑧ FXは心理戦、儲けてる方が心が弱くなる

⑨ 自分の願いは為替には関係ない

⑩ ファンダメンタルズでのトレードはおすすめできない

 

 

① ポジションを持ったら30分はチャートをみない 

トレードボタンをポチったら

気になってずっと画面を見てしまう。

それが精神的にもトレードにもよくない。

せっかくロングかショートかを

選んだのなら時が来るまで待つ。

 

そこで気がもやもやしてしまい

無意味な損切り、少量の利確では

お金がみるみる減っていくだけである。

 

②10分足より短いチャートはみない

1分足や5分足で

短期戦をやると必ず失敗する。

スプレットがありポジションを持った瞬間に

マイナスとなる。

それでマイナスが大きくなってしまうと

気が動転してしまい、お金を失う。

 

 ③ レンジのときはトレードをしない

レンジがあると

トレンドが変わったり、動いたりする前兆である。

なのでレンジ状態で

トレードしてしまうと

その後のトレンドの波に乗り損なうことがある。

 

④ トレンドを信じる

上昇トレンドだと思い、ロングしたが

すぐに下降トレンドになるのではないかと

疑心暗鬼になることがある。

 

少額で利確してしまっては意味がない。

さまざまチャート分析で

トレンドを読む技術があるなら

それを信じる以外にない。

 

⑤ 何気にFX強者に耳を傾けるが最後は自分を信じる

ゆきママさんや、羊飼いさんなど

FX強者がネットにはたくさんいる。

 

しかも、ツイッターで

自らの意見を無償で提供してくれ

ヒントをくれる場合がある。

そういった人たちの意見を聞くことも大事だが

結局、最後は自分のやり方でいくしかない。

 

⑥ チャートを分析する

FXの画面を見ていて

何気なくトレードしたくなってしまい

ポジションを持ってしまう。

そうなると

もはや博打の域になってくる。

 

どこが雲なのか

どこがラインなのか

チャート分析をしっかりしてから

トレードすると勝てる確率が上がる。

 

⑦ 損切りはしない

トレンドを読み間違えたと思って

損切りしてしまい

数日経つとあのポジションで

プラスになっていたということがよくある。

 

あきらかなトレンド(トランプ就任の円安)の

読み間違えは損切りしないといけないが

平常時の損切りはおすすめしない。

 

⑧ FXは心理戦、儲けてる方が心が弱くなる

利益がマイナスになっているときよりも

利益がプラスになっているときの方が

ドキドキして心が乱れる。

10pipsもプラスになれば

我慢できず、すぐ利確してしまう。

このままずっと待っていれば

もっと利益が出た可能性があるし

FXで儲けることができる。

  

⑨ 自分の願いは為替には関係ない 

いくら自分が祈っても

為替やチャートには何も響かない。

逆いえば、祈ったら負ける。

自分の気持ちは関係ない。

ただ利益を出すことが求められる。

 

 ⑩ ファンダメンタルズでのトレードはおすすめできない

例えばアメリカのGDPの数値が

予想よりも上回ったら円安になると言われる。

しかし、この数値が

たいしたことなかったら

逆に円高になる場合がある。

しかも一気に動き、さらに反発もあって

翻弄されてしまう危険性がある。

 

トランプが大統領になれば

リスクとしてドルが売られ

円高になると言われていた。

結果は真逆となり、トランプに対する期待で

円安になっていった。

このトランプ相場で、しばらく

FXから距離を置くことの原因となった。