読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

クロ現 追跡“森友学園問題” を見て

www.nhk.or.jp

 

大阪の学校法人、「森友学園」が、豊中市の国有地に来月開校を計画している小学校について、大阪府への設置認可の申請を取り下げた。理事長は退任する意向を示しているが、まだ数々の問題が解明されないまま残っている。なぜ一旦は「条件付きの認可適当」となったのか。国有地の買い取りに関しても、なぜ異例ともいえる対応がとられたのか。番組は土地取引や、認可をめぐる不可解な経緯を追うことで、問題の深層に迫る。

 

大阪府の学校建設を審議する会、

私学審議会では

森友学園の小学校建設について

この学校は継続できるか

財政面での不安があった。

 

大阪府の職員は

適正だと言って押し通すことになる。 

 

森友学園は建設する

土地を持っていなかったが

国有地取得に向け交渉を開始する。

 

そのときの

交渉資料が破棄されていたが

職員のOBいわく

国有地の記録をすぐ破棄することはないという。

 

国有地の地下にはゴミがあり

土を入れ替えたとあり

8億2000万もの支払いがあった。

 

しかし、

写真がゴミの証拠資料といえるものではなく

信憑性がなく

民間ではお金がもらえない資料であった。

 

大阪府と国が協力して

森友学園の建設するため

動いていたと考えられる。

 

NHKは14年前に

籠池氏について取材していた。

ラグビーを通し規律を守る教育などを

評価する人が一定数いたという。

 

YouTubeでは

教育勅語を暗唱させる場面があった。

それを小学校でやろうとした。

 

保守系政治関係者いわく

国や公を重んじる風潮が

軽んじられることがあり

それで熱烈に応援する人がでてきた。

 

大阪市が公園に花壇を作ろうとしたら

そこが園児のラグビーの練習場だったため

籠池氏は政治家に働きかけ中止させていたという。

 

籠池氏のもとには

寄付が約4億円も集まっていた。 

政治献金のような感覚。

 

籠池氏は

安倍晋三の名前を出し寄付金を募ったが

安倍首相いわく

勝手に使われたらしい。

 

安易な規制緩和で

幼稚園を作りやすくしたが

そういうのが出てきてしまったのが

問題であるという。

 

 

感想

この森友学園問題。

最初はネットなどで

「安倍首相ガンバレ!」が

おもしろすぎたので

バズっていたが

問題は国有地取引になっていった。

 

問題が複雑化していき

学校建設のあり方や

ゴミの撤去費用の謎、

安倍昭恵さんや稲田朋美の旦那との関わり、

ものすごく多岐にわたっている。

 

いろんな問題があるが

一番はヘイトスピーチではないかと思っている。

 

教育勅語を暗唱するのは

別に思想の自由だからいいのだが

中国人や韓国人を馬鹿にする

ヘイトスピーチを言わせ

反韓、反中教育をしていては

どこかの国と同じである。

 

そういった排他的な発言をさせていたこと

から論点をずらすため

国有地の土地取引が

重点的になっていったのだと思う。

 

津田大介さんは

森友学園の一連のニュースについて

国有地の取引が問題だと言っていて

ヘイトスピーチのことは

あんまり関心がなかったようであった。

 

森友学園の応援団として

竹田恒泰さん、櫻井よしこさん、

青山繁晴さんの顔写真が映り込んでいた。

 

そういう教育方針が

好きそうな人たちだと思うので

納得がいってしまった。

 

それが日本人のあり方とおっしゃるので

こういう人たちが

日本に対して悪いイメージを

宣伝しているといえるかもしれない。

 

安倍首相が

メディアの官邸担当記者を呼んで

森友学園について報道するなと

圧力をした情報まであるが

どの局もやっているので

これはフェイクニュースだと思う。

 

 

自分は仏教系の幼稚園に行っていて

焼香や座禅をしていた記憶がある。

 

そういった教育が

将来にまで影響するかと言ったら

あんまりしないが

拒否反応しなくなるとか

免疫ができる程度のことだと思う。

 

保守系政治家が

国や公が軽んじられる風潮が嫌で

こういった教育方針に賛成しているらしい。

 

ようするに

年上となった自分が

年下に重んじられたいという

願望のため

こういった教育に賛成しているのだと思う。

 

しかし、この森友学園で

安倍政権が倒れるかと言われれば

倒れないと思う。

 

政治家は嘘をついても

罪に問われないので

この問題で安倍首相が

総理大臣から

降りることはないと思われる。