読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

又吉直樹 第二作への苦闘 を見て

www6.nhk.or.jp

 

東京都内の、とある場所にある、築30年の風呂なしアパート。6畳一間。この部屋を選んだのは、食うにも困った時代を自分に忘れさせないためだ。2015年に「火花」で芥川賞を受賞した、又吉直樹(36歳)の仕事場である。処女作「火花」は、250万部という驚異的なベストセラーとなった。本など読んだこともない若者達が、漫画を読むように手に取り、初めて小説の面白さに触れたという者も多い。しかし、純文学では、処女作が最大のヒットとなり、そのまま消えていく一発屋も少なくない。今、又吉直樹は、このストイックな部屋で第二作の執筆に挑んでいる。作家としての真価が問われる、大きな正念場である。 しかし、なかなか物語は立ち上がっていかない。売れっ子芸人でもあり、執筆の時間も限られている。最も苦悩しているのが、文学性と大衆性を両立させることである。文学などに関心のない若者たちに読んでもらえるものとはどんな作品なのか。睡眠時間を削り、魂を削りながら苦闘を続ける。 番組では、又吉直樹の第二作の執筆に密着する。私たちが普段見ることのできない、ひとつの作品が生まれるまでの創作の過程を、カメラは克明に記録する。

 

芸人と作家の

二足のわらじという生活を送り、

時間もなく

単発の締め切り原稿もありながら

長編小説にとりかかる。

 

次回作は恋愛小説にしていたが

青春小説部分を入れることや

火花でわかりにくいとの感想があり

なるべくわかりやすくしたいという

思いがありながら

小説「劇場」は完成する。

 

感想

自分は作家ではないが

ブログをやっている。

 

文章を書くという面では

近いとまではいかないまでも

同じ枠内にいる気がする。

 

しかし、このブログを書いていて

集中状態のゾーンの経験はない。

 

自分も

本業は物書きではなく

CGデザイナーっぽいことをやっている。

 

そこで妙にシンパシーを

感じてしまった。

 

締め切りに追われながら

自分のペースで仕事をする

生活に憧れがあるのかもしれない。