バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

ザ・プロファイラー「大国を衰退へと導いた美女~楊貴妃~」 を見て

hh.pid.nhk.or.jp

 

世界三大美女の一人・楊貴妃。だがその美貌が、最盛期を迎えていた唐の国を衰退させることになり、「傾国の美女」と呼ばれる。彼女の人生を左右したのは、3人の男だった。息子の妻だった楊貴妃を自分の愛人とした玄宗皇帝。楊貴妃の親戚というだけで、宰相の位にまで昇進した楊国忠。そして、英雄ともてはやされ、楊貴妃の養子となった安禄山。男たちが彼女の運命をどう変えたのか?そしてなぜ悲惨な最期を迎えることに?

 

楊貴妃(719年〜756年)

本名、楊玉環。

唐が全盛の時代に

下級役人の娘として生まれる。

10歳で両親をなくし

親戚に引き取られる。

歌や舞踊を学び

社交界で注目を浴びるようになる。

 

17歳のとき

玄宗皇帝の側室である武恵妃の息子、寿王の嫁となる。

 

玄宗には30人の息子がいて

武恵妃は息子を皇太子にしたかった。

 

そこで由緒ある家柄の娘を探していた。

楊は前の王朝、隋の皇帝一族の姓だった。

 

楊玉環は

夢のような生活をしていたが

武恵妃が急死し

皇太子に別の候補者が選ばれる。

 

玄宗皇帝の側近、高力士が

楊玉環を寿王から別れさせ

玄宗皇帝の嫁にすることにした。

 

22歳と56歳の年の差婚である。

 

玄宗

楊玉環の音楽の才能に魅了された。

そして貴妃の位になり、楊貴妃と呼ばれるようになる。

 

豪華な生活を満喫し

一日中、好きな音楽を楽しみ

玄宗は朝の政務をしなくなった。

 

楊貴妃は美を追求していく。

服職人に700人。

装飾品の職人に数百人。

美容によい食材が取り寄せられた。

 

玄宗には、3000人の側室がいて

玄宗の心をつなぎとめたいという思いがあったとされる。

 

側室の人でも16歳から60歳まで

玄宗に一度も会わなかった人もいた。

亡くなっても墓に名前も入れてもらえない立場となってしまう。

 

楊貴妃は政治の表舞台に立つことはなかったが

親戚の楊氏一族がどんどん政治の世界に関わるようになる。

なかでも

またいとこ の楊国忠は政治の表舞台に立つ。

 

しかし楊国忠

官僚を左遷したり、賄賂をとったり

太った女性囲み肉陣と呼んだりしていた。

 

高力士は楊貴妃

親戚の政治に口出ししてはいけないと

助言していた。

 

玄宗は女性が政治に口出すことが

嫌であった。

 

玄宗が幼い時に

則天武后が活躍し、その後の

女性たちの権力争いをみていた。

 

中国では

女性が政治に関わると混乱が起こると言われている。 

 

楊貴妃が29歳のとき養子を迎える。

14歳年上で体重200キロもある安禄山という人物。

 

安禄山は地方軍の司令官で

周辺国からの脅威を守り

功績を挙げた英雄であった。

 

しかも

安禄山は踊りが得意であり

楊貴妃玄宗から好印象を持たれた。

 

「貴妃様の養子にしてください」と

自ら養子に申し出て楊貴妃も快諾した。

 

これにより安禄山

巨大な軍事力を持ち

唐の全兵力の3割も持つようになる。

 

楊貴妃安禄山後宮に呼び

赤ちゃんのように扱い

安禄山も赤ちゃんの演技したという話がある。

 

楊国忠安禄山に危機感を覚え

安禄山勢力を排除し

彼は謀反を起こすと風聴した。

そして、安禄山が反乱を起こす。

 

しかし、玄宗楊貴妃

この反乱を信じようとしなかった。

 

政府軍は敗北してしまい

玄宗は70歳になっていたが

安禄山を倒そうとする。

この出陣を楊貴妃は止めた。

それは楊氏一族のためでもあった。

 

玄宗が亡くなってしまうと

皇太子に権力が移る恐れがあったからである。

 

都、長安から逃げ出したが

生活が苦しくなった 兵士の怒りは

楊国忠に向けられ殺されてしまう。

 

楊氏一族も殺されてしまった。

 

兵士たちは、玄宗につめより

楊貴妃も死ぬべきだという。

 

高力士は玄宗

国のために犠牲になるのは義務だといい

玄宗楊貴妃の処刑を命じた。

 

楊貴妃は何も言わず受け入れ

38歳で処刑された。

 

 

感想

楊貴妃は絶世の美女だと

言われていたのは知ってはいたが、

初めて彼女の人生が

具体的にどういったものだったのか知れた。

 

別に、楊貴妃が特に何かをしたということではない。

ただ、親族や養子にした安禄山

その周りが問題を起こしていったような気がする。

 

楊貴妃も問題を起こしたくない人であり

国のためを思っている高力士の言うことを

着実に守っていたんだと思う。

 

高力士は

玄宗にも楊貴妃にも信頼されていて

実は彼は影の実力者ではないかとさえ思えてくる。

 

ここまで楊貴妃が有名になったのは

その人生がドラマチックなのもあるが

美貌だけでなく芸術に対する才能があり

周りから評価されていたからかもしれない。