バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

金正男氏、暗殺について

2017年の2月14日のバレンタインデー。

フリン氏の辞任。

東芝の大幅赤字決算。

仏で女子学生不明のチリ人容疑者の出頭。

 

金正男(キムジョンナム)氏が

毒殺されたというニュースまで出た。

  

中世ヨーロッパでは

王様、王族は神から選ばれた人たちなので

殺してはいけなく

幽閉しれ人目に触れず生かしていたという歴史があった。

 

フランスの鉄仮面の男や

ドイツのカスパー・ハウザーなどがそうである。

www.basyanuko.com

 

www.basyanuko.com

 

金日成という人物が

偉い人だとしてその人の血統がある子孫を

殺していいという理屈は 

金正恩を暗殺してもよいという理論とがっちする。

 

女性2人の工作員も死亡したという

日本政府側の話もあったりしたが

マレーシア警察が女性工作員を逮捕したという情報もある。

 

今回の暗殺。 

金正恩しか得をしない。

意外だったのは、この暗殺について

中国が不快感を示しているということ。

 

中国側が

金正男を何かしら利用したかったのか?

それとも北朝鮮の情報提供してもらっていたのか。

 

北朝鮮の指導者が

金正恩ではなく金正男であったのなら

変わったものになったのと思う。

 

北朝鮮世襲を批判していたり

何ヶ国語もできるらしいし

平和を愛する人物である。

 

「後継者問題について興味がない。

 今の生活が自由で幸せだ。

 自由はすべての人にとって大切だ。

 アジアの平和を望んでいるが

 それはすべての人が望んでいることだ。」