読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

REDリターンズ を見て

 

 

IAが最も恐れた超一流の元スパイ・チーム―RED。そのリーダー的存在のフランク(ブルース・ウィリス)は、相棒のマーヴィン(ジョン・マルコヴィッチ)の命が狙われ、世界中の諜報機関が自分たちを抹殺しようとしていることを知る。フランクは自分たちの暗殺計画とともに“世界の危機"を知り動き出すが、まさにその時、世界一の殺し屋がRED軍団に迫っていた…。

 

フランクが組織から狙われていたり

時限爆弾装置を止めるなど

ストーリー展開はベタな感じであった。

 

アクションと人との駆け引きで

ずっと展開していく映画である。

 

アクションは

ハリウッドだけあって迫力があった。

 

カーチェイスや銃撃戦、

イ・ビョンホンとの戦闘シーンは

いつもながらの感じだが

やっぱり見入ってしまう。

 

 

海外映画だと

人物が白人が多く

人物を把握するまでに時間がかかってしまうが

この映画では

特徴的な見た目の人が多く

そんな心配はなかった。

 

誰が敵で、誰が味方なのか

めぐるめぐる変わっていくので

そこが見どころだったかもしれない。

 

ウォーキングデッドを見てきた自分としては

銃撃戦やナイフを使ったシーンでも

悲惨なシーンはなく

子供でも気軽に見れるような映画である。

 

前作のREDは見てなかったが

リターンズから見ても

楽しめたので、そこはよかった。