バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

この世界の片隅に を見て

konosekai.jp

 

18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。 良いも悪いも決められないまま話は進み、1944(昭和19)年2月、すずさんは呉へとお嫁にやって来る。呉はそのころ日本海軍の一大拠点で、軍港の街として栄え、世界最大の戦艦と謳われた「大和」も呉を母港としていた。 見知らぬ土地で、海軍勤務の文官・北條周作の妻となったすずさんの日々が始まった。  夫の両親は優しく、義姉の径子は厳しく、その娘の晴美はおっとりしてかわいらしい。隣保班の知多さん、刈谷さん、堂本さんも個性的だ。 配給物資がだんだん減っていく中でも、すずさんは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。  ある時、道に迷い遊郭に迷い込んだすずさんは、遊女のリンと出会う。 またある時は、重巡洋艦「青葉」の水兵となった小学校の同級生・水原哲が現れ、すずさんも夫の周作も複雑な想いを抱える。  1945(昭和20)年3月。呉は、空を埋め尽くすほどの数の艦載機による空襲にさらされ、すずさんが大切にしていたものが失われていく。それでも毎日は続く。 そして、昭和20年の夏がやってくる――。

 

映画館Webサイトでチケット予約したあと

クローズアップ現代で「この世界の片隅に」の特集があった。

www.nhk.or.jp

 

この番組をみて

日常系のアニメなのかと思った。

 

見終わった感想としては

確かにいい映画ではあるが

やはり日常系アニメだと思った。

 

じわじわと戦争が長引いて

食料のなくなっていきかたや

周りの人たちが居なくなっていく感じが

妙にリアルな感じであった。

 

アニメならではの映像として流れる感じと

時代の流れゆく感じがリンクしていたのが

いい映画と言われるゆえんかもしれない。

 

ただ自分としては

君の名は。」のほうがよかったかもしれない。

 

多くの方が大絶賛していて

期待が大きすぎたということもあると思う。

 

もう一つの理由としては

自分が父親と仲が悪く、

家族というものに対して思入れがなく

いい印象を持っていないからかもしれない。

 

家族という関係に恵まれた人が

絶賛する映画だと思えてくる。

 

すずさんの

右手がなくなるのはショックであった。

 

自分だったら右手がなくなったら

立ち直れない。

 

しかし、この映画をみると

よい家族がいれば

案外、立ち直せるのかもしれないという

勇気がでてくる。

 

 

子どもが亡くなって悲しかったり

ふとしたことで笑いもあったりと

この映画は戦争中の話だったが

現代でも震災という形でありえる話でもあるなと思った。

 

 

www.videonews.com

 

ビデオニュースを見て 

めずらくしく

宮台さんの映画批評が理解できたところがある。

 

 

宮台真司さん

空襲を自然現象かのように受け入られるのか。

空爆が中心で地上戦がなかったからだといえる。

共同的な家族体系を書いていて

すずさんは場にも埋め込まれていて

個人の選択ではなかった。 

だからいろんなことが我慢できた。

しかし、玉音放送の一言で

この戦争が左右されていたことを知り激昂する。 

 

 

木村草太さん

こういったファンタジー的なものでしか

戦争を受け入られなくなってる。

火垂るの墓でもきついのかと。

海外の映画で

イギリスはナチスの悪の空爆として耐えるということが

描かれている。

しかし、日本はなんで空爆に耐えているのかわからない。

各国によって空爆に対する意識が違う。