バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

新春TV放談2017 を見て

www4.nhk.or.jp

 

視聴者にもっとも支持されたドラマ&バラエティー番組とは?テレビを愛する者たちが2016年に放送されたテレビ番組を語る。今年はテレビ局の垣根を越えて、日テレ&テレビ東京プロデューサーが初参戦!日テレ好調の秘密を大分析。「逃げ恥」対「真田丸」の勝敗はいかに?司会:千原ジュニア ゲスト:テリー伊藤カンニング竹山大久保佳代子ヒャダイン湯山玲子品田英雄ほか

 

バラエティ番組部門では

ランキング10のうち

自分は見ているものが1つもない。

 

アメトークも見てないし

月曜から夜更かしも見てない。

 

バラエティの人気の特徴としては

素人をいじる系やぶっちゃけキャラやガンチコ系が

流行っているらしい。

 

番組でも言っていたが 

ネットの登場により

タレントの地位がすごい下がったと思う。

 

YouTubeでいつでもみれるタレントは

希少価値がなくなっていて

結果、タレント重視のテレビコンテンツに

魅力がなくなっているのかもしれない。

 

逆に生配信でやってる生主たちは

リアルタイムということで

配信自体に価値が出ているし

自分と同じ一般人なので共感もしやすい。

 

 

大久保佳代子さんいわく

テレビはネットの炎上を利用している。

 

コメンテーターも炎上するような

人をチョイスしている。

 

小倉さんや和田アキ子さんは

言いたいことを言っているようで

実はテレビ制作者に利用されている。

 

彼らが炎上するようなことを言っても

ネットの批判は

小倉さんや和田アキ子さん本人に行く。

テレビにはいかない。

 

竹山さんはこの炎上利用を否定していたが

それが新しいマーケィングであると思う。

 

 

基本、テレビがおもしろいかどうかは

コンテンツの問題だと思うので

制作者が頑張るしかないのだと思う。

 

ただ、テレビというシステムに

改良点が多々あるので

そこはテレビ局員が

考えないといけないのだが

トップの人が変わらないので無理だと思う。