バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

オデッセイ を見て

 

 

人類による有人火星探査ミッション<アレス3>が、荒れ狂う嵐によって中止に追い込まれた。ミッションに参加した6人のクルーは撤収を余儀なくされるが、そのひとりであるマーク・ワトニーは暴風に吹き飛ばされ、死亡したと判断される。しかしワトニーは奇跡的に生きていた。独りぼっちで火星に取り残され、地球との交信手段もなく、次にNASAが有人機を送り込んでくるのは4年後。サバイバルに不可欠な食糧も酸素も水も絶対的に足りない。そのあまりにも過酷な現実を直視しながらも、ワトニーは決して生き延びることを諦めなかった。やがてワトニーの生存を知って衝撃を受けたNASAや同僚のクルーは、地球上のすべての人々が固唾をのんで見守るなか、わずかな可能性を信じて前代未聞の救出プランを実行するのだった……。 

  

火星の地形や

宇宙機材など

よくできているのかなとは思う。

 

火星に取り残されても

生身の人間と交信できたり

植物学者であり

食料を作ることができるという点で

現実ではありえないくらい

恵まれている状況である。

 

下手したら

地球上で貧困と呼ばれるところよりも

良いところであった。

 

展開としては

火星の基地がやばくなって

救出するという

ベタなパターンであった。

 

最後、宇宙の映像がキレイだったり

宇宙飛行士の

宇宙空間での動きなどがよかった。

映画館でみると、また違ったかもしれない。

 

ゼロ・グラビティの方が

宇宙空間でのシーンがたくさんあり

映像として楽しめたのではないだろうか。