バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

インデペンデンス・デイ:リサージェンス を見て

 

人類がエイリアンとの壮絶な死闘に勝利を収めてから20年後の2016年7月、エイリアンがアフリカに残した宇宙船が密かに覚醒する。それは地球に仲間を呼び寄せるSOS信号だった。まもなく人類が建造した月面基地を粉砕し、地球にやってきたエイリアンは想像をはるかに超える進化を遂げ、重力を自在に操ってニューヨーク、ロンドン、パリ、シンガポール、ドバイといった各国の主要都市を次々に破壊する。ESD(地球宇宙防衛)の部長デイビッド、元合衆国大統領ホイットモア、若き戦闘機パイロット、ジェイクらの必死の奮闘も空しく、敵の猛攻撃にさらされて防衛システムを無力化された人類は、瞬く間に滅亡の危機に瀕していくのだった……。 

 

政府がエイリアンと戦うのは

ハリウッドではよくある。

 

シン・ゴジラも政府と未知の生命体が戦う映画だが

ゴジラの方が皆がイメージしやすい敵であったことが

ヒットの要因かもしれない。

 

今回の映画を見てて

エイリアンものは感情移入しにくいと思った。

 

エイリアンは

実際に見たことがないし

戦うといっても

絵空事のような気がしてならなかった。

 

まだゾンビものや吸血鬼など

物語として物体がイメージできるものの方が

感情移入しやすいのかもしれない。

 

恋愛や助け合い、判断を迫られる場面など

人間ドラマもあったが

内容がスカスカだと思ったし

すぐ通り過ぎて行く感じがした。

 

途中からはもう

ちゃんと見ることができなくなってしまった。

 

ただ地球が飲み込まれていくところや

女王エイリアンが姿をあらわし

戦闘機などと戦うシーンは迫力がある。

 

この映画は4Kや3Dでも見れたらしい。

映画館で3Dとして見ていたら

もしかしたらもっと評価できたかもしれない。