バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

ベルリン1936 ヒトラーに勝った黒人アスリートたち を見て

www6.nhk.or.jp

 

ヒトラーがアーリア人の優位性を世界に示そうと開催したベルリン五輪で、メダルを獲得することによって黒人の能力の高さを証明したアメリカ代表アスリート達の活躍を描く。  アメリカで黒人が“2級市民”として扱われ、リンチが見世物となっていた時代に、ベルリン五輪代表に選出された18人の黒人選手。ジェシー・オーエンスによる陸上競技での4冠達成をはじめ、彼らは祖国に数々のメダルをもたらした。国際大会で能力を証明したことは黒人全体の誇りとなり、その後の公民権運動への確かな一歩となったと言われている。ヒトラーのオリンピックが黒人の地位向上に与えた史実を描いたドキュメンタリー。

 

タイトルが

「ヒトラーに勝った黒人アスリートたち」である。

てっきり、ベルリン五輪で

ナチスによる差別を受けた黒人が金メダルをとるという

話かと思ったが、微妙に違っていた。

 

黒人アスリートを選手団に選んだ国は

アメリカ合衆国である。

 

1936年の黒人差別があるアメリカで

黒人アスリートが五輪選手に選ばれることが

すごいことである。

 

選手団がベルリンについたとき

黒人だろうが白人であろうが

歓迎された。

ナチスからベルリン市民に海外の選手団を

歓迎するようにという命令があったからである。

 

ナチスは悪いものではありませんという

海外に対するアピールである。

 

これが黒人アスリートにとっては

衝撃的な出来事であった。

アメリカでは黒人は差別されていたのに

ナチスのドイツに来てみたら歓迎される。

 

彼らは能力によって選ばれた選手なので

どんどん金メダルを取っていく。

 

これはヒトラーが思い描いていた

アーリア人種の優位性を示す五輪でなかったが

黒人の地位向上には役に立ったという話。