読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

そして誰もいなくなった を見て

www4.nhk.or.jp

 

アガサ・クリスティーの名作。孤島の邸宅に閉じ込められた10人の男女が、わらべ歌のとおりに1人ずつ殺されていく。  1939年、謎のオーエン夫妻から孤島の邸宅に招待された8人の男女を、使用人の夫婦が迎える。すべての客間には「兵隊の歌」の歌詞が飾られていた。「10人の兵隊が食事に行き、1人が喉を詰まらせ9人になった」で始まり、1人ずつ減っていくわらべ歌だ。夕食後に突然、レコードが回り出し、屋敷にいる10人それぞれが過去に犯した殺人を糾弾する声が響き渡る。直後に1人目の死者が出る。わらべ歌のとおりに…。

 

サスペンスものかと思い、みることにした。

イギリスで大絶賛のドラマらしい。

 

孤島で殺人事件がおき

次々となくなっていく話は

金田一少年の事件簿から似たようなのを

見たことがある。

 

途中から使用人が怪しいと思ったが

なくなってから判事が怪しい。

あまりにも落ち着きすぎている。

しかし女性教師も怪しい。

ロウソク人形の数を確認したあと

鐘をならす、しかも冷静にだ。

 

第3回では

判事がなくなって

もしかして悪霊のしわざという

オチなのかさえ思った。

 

自分の過去の過ちがフラッシュバックしていくところは

日テレの「ザ・クイズショウ」に似ている。

ザ・クイズショウ

 

見終わったあと

ネットしらべたら

すごい有名な小説だった。

 

Wikipediaでは

クローズド・サークルの代表作と書いてあった。

 

なんでBSプレミアムという

マニアックなところでやっているのか

全3回ということもあるのかもしれない。。