バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

ザ・ノンフィクション 「人生を変える10ヶ条 〜6年後の真実〜」 を見て

競艇選手を目指す人たちのドキュメンタリー。

競艇学校が30歳以下まで入れる制度に変わり

28歳で入り競艇選手を目指す2人が取材対象者である。

 

<2009年> 

美術教師と理学療法士

どっちも勝ち組だったのに

夢を追うために競艇を目指す。

 

こういう世界はスパルタである。

畳んだ服に乱れがあったため

教官がそれを蹴飛ばしていた。

どっちの方がマナーと規律がなってないのかわからない。

 

外の世界の連絡は郵便だけで、刑務所みたい。

 

ディレクターも番組を和ますために

本仮屋ユイカをナレーターに使っていると思った。

 

人生を変える10ケ条が

番組のところどころで挿入される

1 繰り返しこそが成功の第1歩

2 大切な人のために必死になる

3 すべてを失う覚悟で挑む

4 応援してくれる人の存在を知る

5 自分をごまかなさい

6 ちゃんと叱ってくれる人を持つ

7 目の前の具体的な目標を立てる

8 やればできる信じる

9 決してあきらめない

10 簡単に変わったなんて思うな

 

結局、2人は競艇選手になる。

 

その6年後の2016年

優秀であった元理学療法士の方は

477番目で1000万円以上。

 

美術教師だった方は

800万の時もあったが今は400万。

 

夢を追って転職した人が

悲惨な目にあっているとは

週刊誌やネットの記事でよく見かけるが

実際はそうはいないのかもしれない。