バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

誰も知らない明石家さんま 初のロングインタビューで解禁! を見て

www.ntv.co.jp

 

さんまさんのインタビュー部分だけみて

スタジオトークと再現VTRは早送りで飛ばした。

 

気になったところは3つ。

「落ち込むことはない。

 自分はこんなもんだからと受け入れる。

 それがベストだったと受け入れる。」

 

「紳助は戻ってくると思っていたので

 さんまのまんまは2年間延ばしてもらった」

 

「ファンには常に感謝している。

 離婚で大変だったときも

 手紙をもらったのが今も忘れない」

 

 

なぜ、さんまさんが

真剣なインタビューの仕事を許可したのかが

気になった。

 

明石家さんまさんは

60歳になったら引退するという話があったが

今はもう61歳である。

 

実はもう引退の考えがあるのではないか。

 

なぜ質問の項目に

引退するんですか?というような

引退に関するものがなかったのか。

 

番組冒頭、真剣に答えるという

言い逃れができない状況であった。

 

しかし、その質問がなかったことは

テレビ局のお偉いさんたちは

さんまさんが引退することを

もう知っているのかもしれない。

 

さんまさんが映画を撮るときは

「主役は絶対に木村拓哉にする」と言っていた。

 

そして木村拓哉が落ちぶれた時に撮る。

人気があるから木村を使ったと

思われたくない。という発言をしていた。

 

さらに、今回の出たい番組は質問に対し、

紅白歌合戦をあげていた。

SMAP解散の日であり、

SMAP最後のライブと噂があった番組である。

 

付き合いの長い

紳助さんが芸能界をやめ

SMAPも解散し

さんまさんも何か変えるかもしれない。

 

もしかすると12月31日

明石家さんまさんに関する発表があるかもしれない。