バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

ニュースの天才 を見て

 

 

権威ある新聞社で

ニュースを捏造していた記者

スティーブン・グラスの話。

 

捏造記者が取材対象者になれば

徹底的に調べあげるのが

ジャーナリストの仕事である。

 

スティーブン・グラスが

教室で話しているシーン。

あれが彼の目指していたものだったと思う。

 

映画の冒頭

ジャーナリストは目立ちたがり屋が多いという

ナレーションがある。

それが教室で子供たちにジャーナリズム精神を熱く語るのとだぶる。

 

ソースを調べることができない唯一のものそれは記者のメモ。

それを捏造してしまえばいくらでも

おもしろい記事をつくることができる。

 

この捏造をスパッ抜いたのが

オンラインメディアというのも

これからの時代を反映している。

 

 

<スティーブン・グラスのインタビュー>

DVDの特典にスティーブン・グラスのインタビューがあった。

彼が記者じゃなく脚本家だったら成功を収めていたかもしれない。

「僕の記事はフィクションだからクレームが来ることがない」

「同僚たちをだます嘘まで必要になった」