バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

やっと利確しました。そしてFXの未来について

10月24日ぐらいに

103.90でショートしたら

急にぐんぐんぐんぐん上がりだして105.50までいった。

さすがにあの時、損切りしておけばよかったと思ったが

今度はひたすら下がるのを待っていた。

 

10月28日(金)の夜

ヒラリーのメール問題でFBI捜査とのニュースが飛び込み

円高傾向になったのはとても助かった。

 

そして今日、103.80ぐらいで利確。

およそ800円の儲けであった。

 

今日利確したのは

FOMC政策金利&声明発表があり

羊飼いさんのブログによればSSの重要指標ランクであったからである。

 

もしこれで円安方向になってしまったら

また下がるのを待たなければいけなくなってくる。

 

そしてさらに来週はアメリカ大統領選挙があり

為替はとんでもないことになりそうな気がする。

 

トランプが大統領になれば円高になり

ヒラリーが大統領になれば円安になるといわれている。

 

しかし、これも絶対ではない。

為替に絶対はない。

 

イギリスのEU離脱により

たくさんの人が損をしているし

世界的に重要なイベントはチャートの範囲まで変えてしまう。

 

 例えばもう1ドル110円だったころは

もう戻ってこないかもしれない。

110円でロングしている人はもう諦めるしかないのだ。 

 

 超長期的にみれば

絶対に円高方向になると自分は予想している。

100年後、世界共通通貨になりFXの世界は終わる。

 アフリカの経済発展が早くなれば、もうちょっと早くなるかもしれない。

 

ともかく近々のアメリカ大統領選の為替について注目である。

トランプがなったら円高確定だと思うが

ヒラリーがなったらどっちに動くかわからない。