バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

ラティーノ ~変わりゆくアメリカの姿~ を見て

www6.nhk.or.jp

 

前はヒスパニックといわれていたが今はラティーノと呼ばれる

主に中南米の移住者や子孫。

 

ラティーノはきつい仕事をずっとやっていて 

アメリカ政府にいいように使われいろいろ不当な扱いを受けてきたが

人権意識の向上や人口の増加により発言権が増すようになってきた。

 

アメリカ経済は移民でなりたっている。

若いラティーノがたくさんいるから社会保障が大丈夫だといわれる。

 

政治面でも影響していて

ラティーノの有権者の支持がないとアメリカ大統領にはなれない。

 

 

 そしてこんな話を思い出した。

カナダで中国系の人たちが多く住んでいる地域があるという。

www.news24.jp

 

50年後には中国系のアメリカ大統領が誕生するとまで言われている。

選挙とは多数を占める人種で勝負がつくということにもなる。

 

今の対立は少数のお金持ちvs大勢の弱者で、

選挙の1人1票のシステムでは大勢の弱者の方が有利かもしれない。

 

いくらお金持ちが政治家にお金を渡しても

選挙で勝つのは大勢の弱者を味方した候補者になる。

 

たくさんいるラティーノは

2016年アメリカ大統領でどっちに投票するのだろうか。。