バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

ベーシックインカムについて思うこと

2017年の衆院選挙。 希望の党がベーシックインカムを 公約に掲げた。 snjpn.net 確かにベーシックインカムといえば ネット民からの支持を集めることができそうである。 自分がベーシックインカムを知ったのは ホリエモンや小飼弾さんが出ていたネット番…

ヒトラーとトランプ (祥伝社新書) を読んで

ヒトラーとトランプ (祥伝社新書) posted with ヨメレバ 武田知弘 祥伝社 2017-06-01 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 移民排斥や世界経済網からの離脱、貿易赤字の相手国への攻撃など、極端な自国優遇政策を強行するアメリカ のトランプ大統…

アラン幸福論 (岩波文庫) を読んで

幸福論 (岩波文庫) posted with ヨメレバ アラン 岩波書店 1998-01-16 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 ルーアンの新聞に「日曜語録」として連載されたのを皮切りに,総計5000に上るアランのプロポ(哲学断章).「哲学を文学に,文学を哲学に…

死を語る (PHP文庫) を読んで

死を語る (PHP文庫) posted with ヨメレバ 佐藤 優,中村 うさぎ PHP研究所 2017-08-03 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 死について真面目に語った対談である。 同時に、「どうやって生きたらよいか」を考える究極の実用書でもある。(佐藤優) …

フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿「人を操る 恐怖の脳チップ」 を見て

www4.nhk.or.jp 人類に功も罪ももたらす「科学」。その知られざる姿に迫る! 今回は脳に電極チップを埋め込み人間や動物を操作する装置を開発した、ある神経科学者の物語。より良き人間を作り暴力や争いの無いユートピア実現を夢見た男は、人間を洗脳する「…

アナザーストーリーズ「羽生善治 史上初の七冠制覇~ヒーローに翻弄された男たち」 を見て

www4.nhk.or.jp 1996年2月14日。前人未到の7冠独占を成し遂げた将棋界の天才・羽生善治。その圧倒的な強さが変えたのは、将棋の常識だけではない。彼を取り巻くライバルたちの人生すら激変させた。あの瞬間、敗者として背中でフラッシュを浴びた先輩・谷川浩…

キリスト教と笑い (岩波新書) を読んで

キリスト教と笑い (岩波新書) posted with ヨメレバ 宮田 光雄 岩波書店 2002-07-18 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 「イエスは笑ったか」.聖書をこの観点から読み直しつつ,喜びと解放のメッセージとしてのキリスト教の新しい側面をさぐる…

三度目の殺人 を見て

gaga.ne.jp 勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない…

とんねるずの炎上について

笑っていいとも!の最終回で ダウンタウンと、とんねるずが 同じ画面に登場したことが 伝説みたいになって ネットで賑わっていたし しばらくはテレビでも その話題が続いていた。 しかし、 30歳付近の自分としては ダウンタウンととんねるずよりも ダウンタ…

劇画ヒットラー (ちくま文庫) を読んで

劇画ヒットラー (ちくま文庫) posted with ヨメレバ 水木 しげる 筑摩書房 1990-08-01 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 画家への夢が破れた、ハニカミヤで誇大妄想狂の青年は、働く気力をなくし、浮浪者収容所で日々を送っていた。 はた目には…

100分de名著 全体主義の起原 第4回 悪は「陳腐」である を見て 

www.nhk.or.jp 何百万人単位のユダヤ人を計画的・組織的に虐殺し続けることがどうして可能だったのか? アーレントはその問いに答えを出すために、雑誌「ニューヨーカー」の特派員として「アイヒマン裁判」に赴く。アイヒマンは収容所へのユダヤ人移送計画の…

100分de名著 全体主義の起原 第3回 「世界観」が大衆を動員する を見て

www.nhk.or.jp 第一次世界大戦を期に国民国家は大きく没落。かつて国民国家を支えた階級社会は崩壊し、代わりにどこにも所属しない根無し草のような「大衆」が台頭し始める。そこに登場するのが「世界観政党」だ。この新たな政党は、インフレ、失業といった…

100分de名著 全体主義の起原 第2回 帝国主義が生んだ「人種思想」 を見て

www.nhk.or.jp 19世紀末のヨーロッパでは原材料と市場を求めて植民地を争奪する「帝国主義」が猛威をふるっていた。西欧人たちは自分たちとは全く異なる現地人と出会うことで、彼らを未開な野蛮人とみなし差別する「人種主義」が生まれる。一方、植民地争奪…

100分de名著 全体主義の起原 第1回 異分子排除のメカニズム を見て

www.nhk.or.jp フランス革命を期にヨーロッパに続々と誕生した「国民国家」。文化的伝統を共有する共同体を基盤にした国民国家は、「共通の敵」を見出し排除することで自らの同質性・求心性を高めていった。敵に選ばれたのは「ユダヤ人」。かつては国家財政…

難民審査官 決断のとき を見て

www6.nhk.or.jp 難民受け入れ枠を急拡大したドイツで、認定作業にあたる審査官の仕事の現場にカメラが入った。命をかけた脱出劇を語る難民申請者たちと向き合う、息詰まる毎日の記録。 400人ちかくの審査官が、年に75万件を超す難民申請の認定作業にあ…

ナチスのファースト・レディー を見て

www6.nhk.or.jp ヒトラー政権の広告塔として、6人の子との理想の家族像をフィルムで公開したマクダ・ゲッべルス。ベルリン陥落で一家心中を遂げるまでの数奇な運命を、秘蔵映像でたどる。 ドイツの社交界で浮名を流していた美貌の才媛が、突然、ナチスに心…

北朝鮮有事に対する自分の見解

アメリカと北朝鮮が軍事衝突する 懸念が高まっている。 北朝鮮がミサイルを発射し 核実験までして トランプ大統領は過激な発言を繰り返す。 負けじと 北朝鮮も過激な発言をする。 為替では 地政学リスクとして ドルが売られる傾向がでていた。 parstoday.com…

そして父になる を見て

www.fujitv.co.jp 大手建設会社に勤め、都心の高級マンションで暮らす野々宮良多(福山雅治)は、成功を自分の能力と努力で培ったと自負していた。そんな良多は6歳になった一人息子・慶多(二宮慶多)の優しすぎる性格をもどかしく思っていた。 ある日、1本…

死の海からの脱出 を見て

www6.nhk.or.jp ヨーロッパを目指す難民・移民が殺到する地中海で、人命救助活動にあたるアクエリアス号。沈没寸前のボートからの緊迫の救出劇や、ボランティア乗務員の奮闘を密着取材。 北アフリカ沖の荒波のなか、衰弱しきった老若男女を満載した沈没寸前…

奇跡の丘 を見て

奇跡の丘 [Blu-ray] posted with カエレバ エンリケ・イラソキ KADOKAWA / 角川書店 2015-08-07 無神論者であるパゾリーニが「マタイによる福音書」に基づいてキリストの生涯を映画化。 元のテキストの簡潔な文体をそのままに、キリストや使徒たちの心理描写…

誤操作で勝手に損切りしてしまった。

FX

北朝鮮への制裁決議前、 ミサイル発射リスクから ドル円は下降トレンドとなっていた。 戻り売り戦略により 合計8万ぐらい稼いでいた。 しかし、9月11日、 安保理の制裁決議が 北朝鮮にとってゆるいものとなった。 自分はこの制裁決議によって 北朝鮮リス…

アナザーストーリーズ「激写!スクープ戦争~写真週刊誌・タブーに挑んだ人々~」 を見て

www4.nhk.or.jp 1981年10月30日に創刊された写真週刊誌「フォーカス」。政治家のスキャンダルからアイドルの熱愛まで、タブーすれすれのスクープを連発。ライバル誌「フライデー」とのスクープ合戦は“FF戦争”と呼ばれた。違法ギリギリの取材で批判も浴びる中…

揺れるトランプのアメリカ ~白人至上主義 VS“謎の集団”~ を見て

www.nhk.or.jp アメリカ社会の“分断”が新たな局面を迎えている。台頭する白人至上主義。それに対抗するグループの中には、暴力もいとわない「アンティファ(反ファシズム)」を名乗る“謎の集団”も出現し、衝突が激化している。さらに、両派の衝突をめぐるト…

宇野常人さんのスッキリ降板について

あの時間帯に どの番組を見るかは決まっていない。 あさイチ、スッキリ、ビビット、 特ダネ、モーニングショーを ザッピングして興味のあるネタを やってたら、それを見るぐらい。 各番組のコメンテーターには ネット記事によくあがる人がいる。 あさイチ(…

アフター・ヒトラー を見て

www6.nhk.or.jp 悪魔のようなヒトラーが死に、第二次世界大戦が終結した直後のドイツ。荒廃と混乱の極地にあった欧州の、知られざる復興の歩みをカラー化されたレア映像で描く2部作。 前編は1945年、ドイツの敗戦直後から始まる。町は破壊し尽くされて…

ヒトラー 権力掌握への道 を見て

www6.nhk.or.jp 近現代史上前例のない組織的な大量殺りくを行ったアドルフ・ヒトラーとナチス。なぜ、これほど人種差別と憎悪に満ちた一人の男がドイツを支配し、社会全体を凶暴化し得たのか。1919年の第一次世界大戦後からナチスの独裁体制が確立するま…

メディアの驕り (新潮新書) を読んで

メディアの驕り (新潮新書) posted with ヨメレバ 廣淵 升彦 新潮社 2017-07-13 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 「無知に基づく正義感」は、かくも危うい。プラスとマイナスが逆転した価値観、過剰な「社会の木鐸意識」、あいかわらずの中東…

世界の哲学者に人生相談 を見て

www6.nhk.or.jp ニーチェやカント、偉大な哲学者に悩みをぶつけたらどんな「名言」で答えてくれるのか?前向きに生きるヒントになるかも。ふと立ち止まって、一緒に「哲学」しませんか! 「あなたにとって最悪の敵はあなた自身である」ある女性が、子育てに…

NHKスペシャル 戦慄の記録インパール を見て

www6.nhk.or.jp 相手の戦力や兵站を軽視した無謀な戦いで甚大な死傷者を出し、旧日本軍の体質を象徴的に示したとされる「インパール作戦」。「援蒋ルート」の遮断を主目的とし、ミャンマー(当時ビルマ)からイギリス軍の拠点があったインド北東部のインパー…

悪の正体 修羅場からのサバイバル護身論 (朝日新書) を呼んで

悪の正体 修羅場からのサバイバル護身論 (朝日新書) posted with ヨメレバ 佐藤 優 朝日新聞出版 2017-06-13 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 外務官僚として経験してきた修羅場の数々、 半世紀にわたるキリスト教信仰と心に刻み続けた聖書の…