誤謬日記

祈れ、働け、学べ。

“衝撃の書”が語る人類の未来~サピエンス全史/ホモ・デウス全世界

 

www.nhk.or.jp

 

1000万部を超え、ビル・ゲイツやザッカーバーグらも絶賛する驚異的ベストセラー「サピエンス全史」。AIやVR、ゲノム編集や人体拡張技術が席巻する未来を大胆に予測した新作「ホモ・デウス」。人類250万年の歩みを全く新しい視点で読み解く“知の巨人”著者のハラリ氏に独占インタビュー!これを見れば話題沸騰の“衝撃の書”の世界が全部分かります!2019年のスタートに幸福に生きるヒントを見つけませんか?

 

 

・認知革命

フィクションを信じる力によって

ホモサピエンスは人類の頂点に立った。

 

・農業革命

人類は農業によって小麦の奴隷となり

格差が生まれ、一人一人は幸せでなかったかもしれない。

 

・人類の統一

宗教、貨幣、帝国のフィクションによって統一した。

 

宗教によって社会秩序が成り立ち

貨幣によってすべての溝が埋まり

帝国によって多くの文化を飲み込んでいった。

 

資本主義は経済成長だが

人は幸福になったのかどうか。

 

・生物工学

DNA操作によって

理想的な人間が出来上がる

それには際限がない。

 

・人体のアップグレード

体の拡張であり

脳の信号で機械が動く。

 

・人間至上主義

これから格差が拡大していく

ホモデウスになるのは一部のエリートだけ。

 

無用者階級の増大。

 

・AI

膨大のデータが蓄積されているが

それを処理する。

 

人間はAIに飲み込まれていく。

 

大切なことは

人間とは何かということ。

 

 

100分de名著 スピノザ「エチカ」 を見て

www.nhk.or.jp

 

エチカを

本を購入して読むことはないと思う。

 

岩波文庫を

立ち読みをしてみたら

あまりにも難しすぎた。

 

・善悪とはそれぞれの

 活動能力を上げることが善、

 能力を減少されることを悪。

 

・形ではなく持っている力によって

 善悪は決まる。

 

・自由とは制約のなかで活動能力が上がること。

 

・人間の意志はあまりも複雑であり

 外部の要因が大きい。

 

・活動能力が上がるという指針は

 自身の体験による感覚でわかる。

 

とりあえず理解したことは

こんな感じなのだが

 なんといっても

自殺の要因は外部によるものだと

言ってくれると

他を変えようと考えることができるかもしれない。

 

現代ではあまりにも

「自分の意志でやったんでしょ?」

 という突き放し方が主流である。

 

しかし、どうしてその意志を持ち

行動したのかという問題については

おざなりになっているような気もする。

 

スピノザは汎神論をを考えていたというが

その部分を深堀りして知りたいと思った。

 

このエチカを知る限り

神にとっての善悪を否定しているし、

人間の内面賛歌という面もある。

 

 

 

良性発作性頭位めまい症になったかもしれない

朝、起きて、

いつも通りテレビをつけようと

上半身を起こしたら

急に目の前がすごい勢いで回転しだした。

 

さすがにこれはヤバいと感じ、

救急車を呼んだ。

 

しかし、家には鍵がかかっており

玄関に行くまでも目の前が回転しながら

必死の思いで鍵を開けた。

 

救急隊員がくると

とにかく目の前が回転していること

意識ははっきりしていることなどを伝えると

 

「頭をうごかさないように」といわれ

なるべく頭を動かさない体制で

救急車に運んでもらい

病院へ行った。

 

脳の障害があるかもしれないので

STスキャンをして

めまいを軽減する

点滴を打ってもらった。

 

しばらく3時間ほど寝たら

当初のような

すごい回転性のめまいはなくなっていた。

 

しかし、上半身を起こすと

まだ回転していて、とても歩けるようなものではない。

 

いつまでも寝ていてもよくはならないと

看護師に言われ

ベッドを45度ぐらい起こしてもらい

徐々に慣れさせることが大切であった。

 

そして、また寝て起きたら

ちょっとフラフラするものの

頭を動かさないことを意識すれば

歩けるまでになった。

 

救急車を呼んだときは

絶対に入院レベルの症状だと思ったのが

めまい軽減の薬ももらわず

病院から4時間程度で帰宅した。

 

帰宅後は吐いたり、回転性のめまいが

襲ったが頭を動かさない限り

なんとか大丈夫であった。

 

ネットでこの症状を調べると

澤穂希選手がなった

良性発作性頭位めまい症ということが分かった。

 

この病気は三半規管に耳石が入り込むことによる

平衡感覚の不具合らしいので

体操をすれば耳石が三半規管が出て

治るらしい。

 

自分でやってみたが

確かに楽になった。

 

しかし、まだ通常通りというわけではなく

食欲不振や歩行時のフラフラ

快眠などはできていないかもしれない。

 

この病気を知っていれば

朝起きたときの恐怖はそれほどまで

なかったかもしれない。

 

知ることによって

恐怖はなくなっていく。

 

Nスぺ ロストフの14秒 日本vs.ベルギー 知られざる物語

www6.nhk.or.jp

 

今年、あなたの心に最も残ったスポーツの場面は何だろうか。おそらく、多くの人がこのシーンを挙げるのではないだろうか。ワールドカップ決勝トーナメント1回戦、ロシア・ロストフアリーナで行われた、「日本VSベルギー」。後半アディショナルタイムに生まれた14秒のプレー。日本のベスト8進出の夢を打ち砕くとともに、大会ベストゴールのひとつとして世界から絶賛された、ベルギーの超高速カウンターである。 私たちは、日本、ベルギー双方の選手、かつての日本代表監督など、20人以上のキーマンを世界各地に訪ね、この14秒のプレーがどう生まれたのか、答えを探した。浮かび上がってきたのは、一瞬のうちに交錯した判断と世界最高峰の技術、そしてこの瞬間に至るまでの巧妙な罠と意外な伏線…。この一戦に人生を賭けた男たちが、全力を尽くしたからこそ生まれた14秒のドラマだった。 2018年、私たちの記憶に鮮烈に残る、あの瞬間の知られざる物語である。

 

長谷部選手のパスのミスから

嫌な予感が日本代表選手に蔓延した時点で

もう負けが決まっていたのかもしれない。

 

ベルギーの1点目のラッキーゴールから

日本代表とベルギー代表の意識がガラリと変わった。

 

日本選手は過去の成功パターンでサッカーをし

ベルギー選手はそこを付いたサッカーをして

勝利を収めた。

 

今回のインタビューでも

信念、自信の差がはっきりとでていて

メンタルで負けたのだと感じてしまった。

 

ベルギー選手

「体力には自信があった」

「勝利への信念」

 

しかし

前の試合のポーランド戦のあの作戦のときから

この14秒のフラグは立っていたのかもしれない。

 

オシム前監督も

日本選手はフェアプレーに徹するあまり

自分たちが不利な状況になってしまうことが多い。

と言っていた。

 

 

そことポーランド戦の作戦が

微妙な精神的な状況が複雑に絡んだのだと思う。

 

ようするにポーランド戦のあの作戦は

後の試合(ベルギー戦)にとって精神的に悪かったのである。

 

 

 

ブログを更新しなくなった。

お名前.comでドメインを取得し

はてなブログProまで設定し

年間に2万円ほどの出費をし

ブログである程度収入を得たいと思って始めたが

肝心のブログを書くことがおざなりになってしまった。

 

書きたい内容がないわけではないが

わざわざネットに書き込むまでもないかなという

感じだ。

 

最近は、トレードに夢中なので

ブログの記事を書く時間が取れないというのもあるし、

仲の良い人ができたので

ブログに書かずその仲の良い人に話せばいいという

リアルな社会で自分の意見を伝えれる環境が整ってしまったというのがある。

 

ブログを続けるのに出費などがかかり

アドセンスでの収入のことを考えたりすると

心理的に負担になっている面もないわけではない。

 

気楽に楽しくブログをやるには

無料のドメインで

書きたいとき書くというスタンスがいいと思う。

 

それは趣味全般にいえることである。

趣味で収入を得ようと思うと

楽しめなくなる感覚に近い。

 

自分の文章力では

それだけで生活費を稼ぐのは難しいだろう。

 

ということで

いろいろ考えた末に

お名前.comとはてなブログProの契約も解除する方向に

向かいそうな感じである。 

 

 

平成史スクープドキュメント 第1回  大リーガー NOMO ~“トルネード” 日米の衝撃~ をみて

www6.nhk.or.jp

 

この30年に起きた“事件”“出来事”を新証言や新資料で掘り下げることで、一つの時代を見つめていく大型シリーズ「平成史スクープドキュメント」。第一回は、1995年(平成7年)、野茂英雄さんの大リーグ挑戦の舞台裏を描く。日本のプロ野球を代表するエースの突然のアメリカ行きは、日米の球界関係者に大きな衝撃を与え、今年の大谷翔平選手に至るまで、日本選手の大リーグ挑戦の先駆けとなった。一方でそれは、グローバル化の猛威の中で世界に目を向けることになった平成日本を象徴する“事件”でもあった。なぜ野茂さんは海を渡ったのか。番組では、野茂さん自身がその詳細を初めて告白。さらに今回独自に入手した日米の球団経営者の内部資料から、日本選手の大リーグ挑戦をめぐる激しい攻防も浮かび上がってきた。世界を席巻したトルネード旋風の衝撃、ふたたび! インタビュアー/リポーター 大越健介(NHK記者主幹)

 

印象的だった箇所。

 

日米野球を経験したあと

大リーガーのピッチャーの映像を

自分で編集し見続け、

大リーガーが書いた教本を熟読したり

科学的に根拠ある練習方法を学んだりした。

 

野茂さんは独特の雰囲気がある。

 

すごい技術があるにもかかわらず

謙遜しているというよりも

自分の気持ちに正直すぎる人物のように思えた。

 

自分に正直であるがゆえに

大リーガーになれ

パイオニアになった理由だと思う。 

 

いい結果を残しても

自分がやれることやっただけ、

できることをやっただけといった

自然と結果がついてきただけだという。

 

ベネズエラに行こうが

平成が変わろうが

自分にできることをやる。

 

ドジャースの一員になれたことを生涯忘れません。

 

本当に大リーグに行きたかったのが

身にしみてわかる。

 

野茂が大リーグにいったとき

大リーグは選手と球団の金銭トラブルがあり

ファン離れが進んだ。

 

そのとき、

野茂は最低年俸である1000万円で

自分の実力を試すため挑戦した。

 

アメリカはフロンティア精神あふれる国で

野茂が評価されスターになったことは

必然であった。

 

 

 

薔薇の名前(映画・100分で名著)

www.nhk.or.jp

 

物語の舞台は14世紀初頭。対立する教皇側と皇帝側の間を調停するための密使として北イタリアの修道院に派遣される修道士ウィリアムと見習いアドソ。到着早々、彼らは謎の連続殺人事件に遭遇し修道院長に事件解決を依頼されます。遺体発見の場は「ヨハネの黙示録」に描かれた世界終末の描写と酷似。持ち前の論理的な思考を駆使して推理を続けるウィリアムはやがて修道院内の図書館の奥に納められている一冊の本が事件の鍵を握っていることに気づきます。一体誰が何のために殺人を行っているのか? 一冊の本に秘められた謎とは? 果たしてウィリアムはその謎を解くことができるのか?

 

100分で名著で

「薔薇の名前」をやっていて

全4回を見終わる前に

映画のDVDを借りて見た。

 

映画を見終わった感想としては

そういうこともあるという感じであった。

 

修道院の決まり、しきたり、教義

それが否定されてしまっては

自分の権威が危うくなる。

 

しかし、

人間の知りたいという欲望と

対峙しなければならない。

 

この修道院には

アリストテレスが書いたとされる

笑いを肯定する本があった。

 

笑いや楽しみ、

それも人間の本質的な欲望である。

 

この知りたいという欲望と

笑いで楽しむという2つの欲望に対して

修道院が否定するという内容。