誤謬日記

祈れ、働け、学べ。

映像の世紀プレミアム 第9集「独裁者 3人の“狂気”」 を見て

 

www4.nhk.or.jp

 

世界を恐怖に陥れた3人の独裁者の素顔。ファシズムを生み出し「ローマ帝国」の復活を掲げたイタリアのムッソリーニ。民主主義に希望を失った大衆の支持を集め、偉大な指導者とたたえられた。ムッソリーニにあこがれたのが、ドイツのヒトラーである。ムッソリーニと初めて会った時、ヒトラーは涙を浮かべたと言う。そのヒトラーが宿敵と定めたのが、ソビエトのスターリン。2人の独裁者の憎悪は、4000万人もの犠牲者を生んだ。

 

米朝首脳会談のあとなので

金正恩が頭に浮かぶ。

 

国民によって支持され、

国民を破壊しつくし

国民によって滅ぼされた。

 

今回紹介された

ムッソリーニ、ヒトラー、スターリンは

世襲ではなく、のしがった一般市民である。

 

独裁者であることの

メリットは今までの生活を覆すことができること。

 

ムッソリーニの食料改革

ヒトラーの経済政策

スターリンの工業改革

 

しかし、そういった景気の話も

最初だけである。

 

 

ムッソリーニとヒトラーは似ていると思ったが

ヒトラーがムッソリーニを真似ていたので

当たり前であった。

 

古代ローマ帝国を目指した

イタリアのムッソリーニの手法は

ナチスでアーリア人主義とユダヤ人迫害につながっていく。

 

第二次世界大戦で

ムッソリーニとヒトラーはなくなったが

スターリンは生き残る。

 

そして、生き残ったスターリンのもとには

 

毛沢東や金日成が集まってくる。

 

毛沢東に近い存在になっている習近平、

金日成の孫である金正恩、

スターリン主義を評価する発言をしたプーチン。

 

 

この独裁者の影響が

今も続いているように思えた。 

 

 

 

ニコ生主が市議会議員になった

news.nicovideo.jp

 

自分が思う、彼が受かった理由。

・知名度があったから

・NHKから国民を守る党という党名に惹かれたから

・若くて顔が整っていたから

 

多分、2番目の

NHKから国民を守る党という党名に惹かれたのだと思う。

 

有名ニコ生主というのは

世間から見れば皆無に等しい。

 

やはり

NHKの受信料を訪問されたとき

不信感、違和感を感じている人が多い

ということなのだろう。

 

NHKから国民を守る党の党首である

立花孝志氏が怖いなと思うのは

彼が元NHK職員でありメディア側の人間だったこと。

 

悪名は無名に勝る。

彼はメディアの使い方を知っている。

 

トランプ大統領の選挙対策のメンバーだった

スティーブン・バノン氏みたいな感じである。

 

今回、生主の横山緑が出馬したが

別に横山氏でなくても

当選していた可能性が高い。

 

彼が立川市議会選挙に出ようとした理由は

生活費であると、よく言われる。

 

彼はいままで

ニコニコ動画のチャンネルの収入があったが

問題ある配信を行い

安定的に収入を得られなくなった。

 

そもそも横山緑にとって

選挙は単なる配信のネタであり

売名行為としてしか思っていなかったに違いない。

 

トランプ大統領も

売名として大統領選挙に出たと言われ

実際に大統領選挙に勝ち、絶句したという

そしてメラニア夫人は悲しみの涙を流した。

 

問題ある配信をして

知名度をアップさせ、そこで選挙に出る。

 

これはトランプも同じで 

暴言を吐き、知名度をアップさせ当選する。

 

これがSNS時代と、よくマッチする手法であった。

 

タレント政治家といえば

テレビや映画で活躍した人だったが

タレント政治家がネットタレントから出るようになった。

 

ネットタレントとは、いわゆる飛び級。

 

普通のタレントは

上から気に入られ、周りから評価されることで

人気が出てくるものだが、

ネットタレントは

アートのようであり、どんなものでも

人の気を引きさえすれば、人気が出るのである。 

 

西村博之が

今までは、横山緑のファンがお金を出していたが

今度は、選挙により

立川市民が横山緑にお金を出すことになった

と言っていた。

 

そう考えると

選挙で人を選ぶということは

ある意味、その人に課金することに似ている。

 

いまの日本国民は

日本の政治家たちに、課金しているのである。

 

トランプが大統領になって

アメリカ人がアメリカから出たくなったと言っていたが

自分が立川市民だとしたら

立川から引っ越したくなることは間違いない。

 

問題行動を起こしてきた生主が

どんどん選挙に出て当選する。

 

このような

ならず者たちが政治に携わることは

ナチスを思い出してしまう。 

 

ニコ生の代表である横山緑氏が

NHKから国民を守る党から出馬したこと、

そしてニコ生の経営に携わっている

夏野剛氏が「誰がテレビを殺すのか」という

新書を出したことは、

関係しているように思えてならない。

 

 

 

パーフェクト・ワールド を見て

 

 

1963年アメリカ。テキサス及びアラバマ州全土に敷かれた緊急捜査網をかい潜って、脱獄犯ブッチ・ヘインズは、8歳の少年フィリップを人質に逃亡を続けていた。しかし、追い詰められ、凶暴性をむき出したブッチは、一夜の宿を提供してくれた男に銃を突きつけるのだった……。 Eirin Approved (C) 1993 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

 

気になるのは

パーフェクトワールドというタイトル。

 

誘拐された子供(フィリップ)が

エホバの証人の信仰から離れ

自分のやりたいことができる世界が

パーフェクトワールドなのかと思える。

 

脱走した人(ブッチ)が

捕まらずアラスカを目指し

そこがパーフェクトワールドなのだろうか。

 

黒人家庭で

児童虐待が行われたとき

ブッチが親を縛り恐喝する。

 

ある意味、

最初から最後まで子供に優しい人物であった。

 

さらに、子供から銃を撃たれても

なお子供に優しい。

 

子供が

なかなか家に帰りたいと言わなかったのは

エホバの証人の信仰に疑問を持っていた点と

ブッチが父親がわりになっていたからだろう。

 

脱走犯が

ハロウィーンをやるようにとか

映画のなかでエホバの証人の否定 、

いわゆる宗教批判をしている映画ともみえる。

 

ブッチは銃をちらつかせ

出会った人たちを利用していくが

黒人家庭の子供の暴力だけは対応が違った。

 

黒人家庭の父親の暴力をみたとき 

自分のなかにある

正義感が爆発したのだろう。

 

キャンプをしていた家族の母親、

服屋の店員など

そのころから付箋があったとみると

おもしろい。

 

 

 

スペース・カウボーイ を見て

 

 

かつて空軍の英雄的存在だったフランク。今では引退している彼の元にNASAから緊急要請が入る。土壇場になってNASAの権限でその夢を断念させられた彼は、40年前の屈辱を晴らすべく、自ら宇宙へ行くことを条件に仕事を引き受けるが…。 (C) 2000 Village Roadshow Films (BVI) Limited. (C) 2001 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

 

機体が壊れたとき

人間の実力で不時着するシーンなど

以前見た、「ハドソン川の奇跡」を思い出す。

  

www.basyanuko.com

 

イーストウッド監督の作品は

周りのルールを無視し、

自分の価値観に従うというのが

セオリーだと思っている。

 

スペース・カウボーイも

自分の価値観に従うというところが似ている。

 

ロシアの衛星通信に

核爆弾が乗っていて自分が最適だと思う行動をとる。

 

かっこいいオジサンをいうもの

徹頭徹尾描いている。

 

宇宙に行きたかったが行けなかった

若いときの願いを果たした

アメリカン・ドリームという見方もできる。

 

しかし、

核弾頭が積まれてたことを知ると

そんなことは二の次であるように思えた。

 

宇宙にいくという自分の願望よりも

求められたもの(修理・核爆弾の処理)に専念していくのである。

 

 

 

ミリオンダラー・ベイビー  を見て

 

 

「グラン・トリノ」「ミスティック・リバー」のクリント・イーストウッドが監督・主演のヒューマン・ドラマ。小さなボクシング・ジムを営む老トレーナー、フランキー。ある日、31歳になる女性マギーがフランキーに弟子入りを志願するが、追い返してしまう。フランキーの親友スクラップは、諦めずジムに通うマギーの素質と根性を見抜き、目をかける。フランキーはついにトレーナーを引き受けるのだが…。

  

映画には

起承転結が必要であり

ずっとうまくいくなんてことはない。

 

しかし、イーストウッド監督作品は

あまりも心を痛めつけられる。

 

なにもそこまで

不幸な出来事を付け加えなくてもいいのにと

思えてくるのである。

 

ボクサーとして

チャンピオンになった瞬間に

半身不随になってしまい、

親との関係も修復されず悪いまま

最後は安楽死という流れになってしまう。

 

この映画は

アメリカのキリスト教界隈から

批判の的になったという。

 

安楽死を肯定している感じに

受けとられるからだという。

 

自分的にはこの映画は

安楽死はそこまで重要なテーマだとは感じてなく

アメリカン・ドリームの表と裏という面があるのかと思った。

 

フランキー(イーストウッド)は神父さんを茶化していたが

最後の安楽死の選択だけは神父に相談していた。

 

結局、神父の忠告を聞かずに

フランキーは安楽死を行うが

そのこともキリスト教界隈から批判の的になったのだろう。

 

カトリックにとって

神父のいうことは絶対であるからである。

 

 

 

イエス・キリストは実在したのか? (文春文庫) を読んで  

 

 

イエスは平和と愛を説いた救世主ではなく、 武力行使も辞さない革命家だった――。 全時代を通じたベストセラー「聖書」から いかなる史実が落とされ、何が創作されたのか? イスラーム教徒による実証研究で全米を騒然とさせた衝撃の書。 『イエス伝』を著した評論家・若松英輔氏による解説も収録。 〈本書の著者、レザー・アスランは キリスト教徒を通過したキリストからではなく、 イエスの口から神の教えを聞こうとしたのではなかったか。 そのためには厚く塗られた教会的信仰という覆いを取らねばならない。 彼がイエスの口から何を聞いたのか、 読者は、この本の随所でそれをかいま見ることになる。〉 (「解説」より)

 

読んでいくうちに、信仰心というか

ナザレのイエスに対する

神秘的な幻想がだんだんと消えていく。

 

紀元1世紀ごろ

ローマ帝国のユダヤ人に対する扱いがひどく

エルサムには自称メシアがたくさんいて

多くの人が十字架にかかっていた。

 

・ヒゼキヤ

・ガリラヤのユダ

・テウダ

・アスロンゲス

・ギオラの息子、シモン

・コホバの息子、シモン

 

ナザレのイエスも彼らのように

ローマ帝国に対抗する革命家の1人に

すぎなかったのかもしれない。

 

そこで重要になってくるのが

彼らとナザレのイエスの違いである。

 

彼らは政治的に暴動を起こしたが

ナザレのイエスは霊的な神の国の到来を

言ったといえるかもしれない。

 

しかし、この本はあくまでも

ナザレのイエスを

政治的な革命家として論じている。

 

皇帝のものは皇帝に

神のもの神に返せという言葉も

神のものであるユダヤ人の土地を

ユダヤ人に返せという意味にも取れる。

 

山上の説教、

貧しいものは幸いであるからの言葉も

革命が成功し

支配階級であるユダヤエリートやローマ帝国がほろび、

弱者が豊かになる、

まさにキューバ革命のようなものを

イメージしていたのかもしれない。

 

例えを用いたのも

ローマからの処罰を免れるためであったこと

さらに十字架にかかることを予言していたのも、

革命家としての自覚だったといえる。

 

旧約聖書には

イエスに関することが記述されているが

それも後付け。

   

ヘロデ王の幼児虐殺も

歴史として資料がなく作り話の可能性が大きい。

イエスがベツレヘムで生まれたことにするため

作られたという。

 

処女で妊娠した話もそうである。

 

1世紀のエルサレムでは

祈祷師という職業があり

奇跡を行う者は

イエスだけではない。

 

ユダヤ教ナザレ派に反対する

ローマ帝国やユダヤ教の資料は

イエスのやったことは魔術だというが

イエスの行った人を癒す奇跡は否定していないので

イエスの奇跡は本当という見方もできる。

 

そんなようなことを読んでいると  

イエスに対する見方が変わり

彼は何者でもなかったのではないかと思えてくる。

 

ペトロ、ヨハネ、ヤコブという

十字架にかかる前のイエスに

会っていた人たちのグループ、ユダヤ教ナザレ派の思想は

ローマ帝国によりエルサレムが滅ぼされたとき

一緒になくなった。

 

そして、

パウロ書簡だけが残り、新約聖書となっていった。

 

キリスト教が世界宗教になったのは

パウロのメッセージが素晴らしかったからともいえる。

 

兄弟たちよ。あなたがたにお願いします。あなたがたの間で労苦し、主にあってあなたがたを指導し、訓戒している人々を認めなさい。

 

その務めのゆえに、愛をもって深い尊敬を払いなさい。お互いの間に平和を保ちなさい。

 

兄弟たち。あなたがたに勧告します。気ままな者を戒め、小心な者を励まし、弱い者を助け、すべての人に対して寛容でありなさい。

 

だれも悪をもって悪に報いないように気をつけ、お互いの間で、またすべての人に対して、いつも善を行なうよう務めなさい。

 

いつも喜んでいなさい。

 

絶えず祈りなさい。

 

すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。

 

 喜び、感謝、愛など

人間の本質について説いている。

 

パウロが持つイエス・キリストのイメージによって

キリスト教は世界宗教になった。

 

だからパウロが

キリスト教の開祖を呼ばれる所以である。

 

もうそれでいいような気がしてくる。

 

自分は史実としてのイエスを信じているのではなく

パウロが持つキリストを信じているのだと

そう考えるとパウロ書簡が大変に重要になってくる。

 

 

フェクイニュースは

真実よりも多くリツイートされ

拡散されるという。

 

thebridge.jp

 

新約聖書もそうなのかもしれない。

人間はフィクションを信じることができる生き物。

 

この本は、徹底的に

キリスト教のイエス・キリストは

作り物だと言う論調で展開するが、

最後にナザレのイエスは信じるに値する人物であるという。

 

確かにナザレのイエスは

カリスマ性があり世界最高のスターであることは間違いがないし、

立場の弱い人たちの味方であることは事実である。

 

そのような人物が

神の子と呼ばれていることに違和感はない。

 

 

 

池上彰の現代史を歩く エルサレム を見て

www.tv-tokyo.co.jp

 

トランプ大統領がイスラエルの首都をエルサレムと宣言し、5月14日にアメリカのイスラエル大使館がエルサレムに移転された。現地ではイスラエルとパレスチナ側との間で緊張した状態が続いている。大使館移転に各国は反対の姿勢を示しているが、それはなぜなのか?池上彰が旅人・市川紗椰を伴って、ニュースの現場で解説。イスラエルが70年前に建国された経緯を紐解くことで問題の本質が見えてくるという。またそもそもエルサレムという地はどんな場所なのか?3つの宗教の聖地となっている旧市街を歩き、見えてきたものとは?エルサレムを巡る動きはこれまでオイルショックなど日本にも大きな影響を及ぼしてきた。実は私たちと深い関係にあるのが中東のニュースなのだ。

 

あまりこういった番組は見ないが

今回はエルサレムがテーマだということで見た。

 

イスラエルとパレスチナ自治区には

壁があるということ。

 

そして、その壁には落書きがあり

エミネムの歌詞のパロディだということを

市川紗椰さんが言って

池上さんを唸らせていた。

 

フムスという食事、

イスラエル戦争のあとなど

普通のイスラエルを解説する番組とは違い

現地にいる人々の生活まで掘り下げている。

 

ここを取材しようとか

多分、池上さんが事前にディレクターに

指示しているように思える。

 

池上さんとテレ東は相性がいいような気がする。

選挙特番でも

池上さんのやりたいことができている。

 

最近、テレ東は

ガイアの夜明けでレオパレスなど

企業の問題点なども積極的に

報道している。

 

6月12日の米朝首脳会談があった日の

午後7時のゴールデンタイムのとき、

ほかの民放はバラエティをオンエアしていたが

NHKとテレ東だけが、米朝階段の内容を放送していた。