誤謬日記

祈れ、働け、学べ。

Nスペ「ノモンハン 責任なき戦い」 を見て

www6.nhk.or.jp

 

79年前、モンゴル東部の大草原で、日ソ両軍が激戦を繰り広げたノモンハン事件。ソ連軍が大量投入した近代兵器を前に、日本は2万人に及ぶ死傷者を出した。作家・司馬遼太郎が「日本人であることが嫌になった」と作品化を断念した、この戦争。情報を軽視した楽観的な見通しや、物量より優先される精神主義など、太平洋戦争でも繰り返される“失敗の本質”が凝縮されていた。しかし軍は、現場の将校には自決を強要した一方で、作戦を主導した関東軍のエリート参謀たちはその後復帰させ、同じ失敗を重ねていった。 今回NHKは、ロシアで2時間に及ぶソ連軍の記録映像を発掘。4Kで精細にスキャンした映像を「AIによる自動カラー化技術」で鮮やかに着色し、戦場の実態を現代によみがえらせる。さらに軍の判断の経緯が証言された、150時間を超える陸軍幹部の肉声テープも入手。敗北はどのようにして隠され、失敗は繰り返されたのか。映像と証言から迫る。

 

辻政信少佐は

若きエリートであり

威勢のよさから上司に気に入られた人物である。

 

天皇の許可を取らず、ソ連と戦うが

彼の決定は縁故によって承諾され

彼の責任は縁故によってもみ消されていく。

 

辻政信の次男の言葉に悲しくなった。

「少佐なのに、なぜそこまで一個人に責任を押し付けるのか」

と笑みを浮かべながら答えていた。

 

親子の関係上、

父親のことを擁護したい気持ちはわかるし

親のやった行為は子供には関係ないが

彼の行為に対して思うところはないのは

違うのではないか。

 

辻政信は戦後、

作家になり政治家になっている。

 

戦時中、責任ある立場にいた人が

敗戦後、政財界や作家になっているのをみると

戦中がまだ続いてるように思える。

 

ナチスドイツを思い出す。

ゲッベルスの奥さんであるマクダは

ナチスドイツの敗戦を知ると

6人の子供たちを毒殺した。

 

子供たちに罪はないから

死なせてはならないと友人に言われても

ナチスの残虐性を知っていたマクダは

これから歩む子供たちの人生の

悲惨さに耐えきれなくなったと言われる。

 

日本軍の中枢にいた人物たちの

子孫は現在、

日本の中枢と言われる政財界やメディアに

多くいる。

 

彼らが

学歴や実力でのし上がったのではなく

別の力が動いているように思えてならない。

 

司馬遼太郎がノモンハン事件について

書けなかった理由は

この事件に光を当てられてる人物が

いなかったからという説がある。

 

辻政信をWikipediaで調べてみる。

評価が真っ二つに分かれるという。

 

しかし、ノモンハン事件のとき

日本は負けていない、

気持ちで負けていないから負けていないのだという

ようなことを言う人物が本当のことを書くのだろうか。

 

ベストセラー作家にもなった人物だから

言葉を使うのが上手だったのだろう。

 

そのことも

彼が上司から気に入られ

お咎めなしになった理由かもしれない。

 

日本で死刑になるかならないか、

それは態度や話が上手か下手による。

 

それと同じことが今も昔も

起こっているような気がする。

 

 

 

 

FXのトレードの仕方を変えた。

オーリーCHの動画を見ている。

 

彼は

グランビルの法則と

エリオット波動を参考にし

てっぺんでエントリーし底で利確する

スイングトレードである。

 

そして、自分から見ると

すぐに損切りしているように思える。

 

いわゆる損小利大である。 

 

FXで負ける人は

コツコツ利確し

損切りの数字が大きいのである。

 

FXで本気で勝つには

含み益の長期保有しかない。

 

さらに

なるべくポジションを持たず

いざチャンスとなったとき

使える玉を残しておくことが重要である。

 

しかし、

この手法はスリリングがないし

すぐに数字が増えないので

楽しくないのである。

 

コツコツ利確すれば

数字が増えたことが実感でき

楽しいのである。

 

しかし、

ポジションを持つということはリスクであり

タイミングを間違えると

精神的にもよくないということである。

 

FXで地味なトレードをしている人こそ

常勝するコツのような気がしている。

 

 

 

映像の世紀プレミアム 第10集「難民 希望への旅路」 を見て

www4.nhk.or.jp

 

戦場カメラマンとして、スペイン内戦で難民となった人々を撮影し続けたロバート・キャパは、実はユダヤ難民だった。ナチスに迫害を受けた、ユダヤ人科学者アインシュタインは、イスラエルの初代大統領に就任を要請されたが、断っている。アラブ人と共生する国家を目指していたからである。ベトナム難民を撮影した「安全への逃避」で世界に衝撃を与えたカメラマン沢田教一。撮影された家族との間に残された美しいエピソードとは…。

 

ソ連の飢餓。

スペイン内戦。

ナチスのホロコースト。

ユダヤ国家からなるパレスチナ難民。

 

そして、難民がテロリストなり

新たな難民を生むこととなる。

 

共通しているのは

難民を生むのは戦争や飢餓であり

その場所に住むことができなくなっているということである。

 

20世紀は映像の世紀であり

難民の映像や写真により

社会に影響を与えることができるが

国際社会が難民を助けるかどうかは

政治的なものによる。

 

ソ連が飢餓に苦しむことになっても

社会主義国家として援助しなかったり

アメリカが援助したとしても

国内の食料経済の問題からであった。

 

アメリカがイスラエルよりになったのも

アメリカの政治家にとって

アラブ人よりもユダヤ人を優先していた方が

選挙に有利という理由からである。

 

オリンピックでテロ対策と言われているが

実際にテロがあったということを知る。

 

ドイツでのオリンピック、

イスラエル国家はオリンピックに出場できて

アラブ人国家のパレスチナはオリンピックに出場できず

国際社会に認められないという不満。

 

そのことを知ると

トランプ大統領がアメリカ大使館を

エルサレムに移転したことによって

テロが起こる危険性がとても高くなると

言われていることもよくわかる。

 

 

 

 

ビデオニュースの「Q Anon」がおもしろかった話

www.videonews.com

 

 

「Q Anon」とはネットで

都市伝説を信じる集団であるが

実際にトランプの集会に行き

Qマークを暗号のように掲げる。

 

アメリカ大統領であるトランプは

彼らに迎合し

陰謀論者たちに向かってスピーチする。

 

「Q Anon」のキーワードである

「17」という数字を不自然に連呼する。

 

民主主義の成れの果てを

見たような感じがした。

 

陰謀論はいつの時代もあったが

それが表に出ることはなかった。

 

しかし、インターネットにより

気軽に陰謀論を知ることができ

誰にも否定されず、しかも同じ考えをもった仲間もいる。

いわば陰謀論を信じる共同体と化している。

 

フェイクニュースの時代であり

世界の共通前提や

歴史の必要性がなくなっている時代に

「Q Anon」は出てきたように思える。

 

しかも陰謀論はおもしろいので

人を惹きつける。

 

これをトランプに提言したのは

スティーブン・バノンらしいが

その通りだと思う。

 

ネットメディアに精通しているバノンなら

そういったことに敏感であるはずである。

 

陰謀論を信じるとは

一歩間違えれば

ナチスやオウム真理教と

同じ過ちをたどる可能性もないわけではない。

 

オウム幹部は

ハルマゲドンや核戦争で人々を不安にさせ

洗脳していった。

 

ナチスもユダヤ人の陰謀といい

迫害していった。

 

日本にも陰謀論はある。

 

明治天皇すり替え説。

3.11人工地震説。

月面着陸の嘘。 

 

そういったことを信じている人物が選挙に出て

それを全面に押し出していく選挙演説をする

政治家が日本にも出てきても、おかしくはない。

 

 

 

BS1スペシャル「欲望の時代の哲学~マルクス・ガブリエル 日本を行く~」 を見て

www.nhk.or.jp

 

若き天才、ヨーロッパの知性の新たな継承者と称されるマルクス・ガブリエル。彼の思想が欧米ではもちろん、日本でも話題となり広がりを見せている。格差、分断、民主主義の危機も叫ばれ、テクノロジーが皮肉にも人々に恩恵のみならず不安とストレスを生んでいる時代に日本の可能性は?さまざまな分野の知性、街行く人々など多くの偶発的な対話も取り込んだ対話の旅。その軌跡から見えるのは?2018年日本の予定調和なき思索紀行

 

マルクス・ガブリエルが来日して

日本を批判しているが

とても的を得ていると思った。

 

静寂を装っているが

内面は混沌としている。

人と人との間に見えない壁がある。

 

明るいくてジョークを話し

気さくな哲学者。

 

世界は存在しないとい考えている哲学者なので

すべて自分次第であり

明るい人柄なのかもしれない。

 

一般人のどうすれば幸せになれるかという問いに

今ここで幸せを感じるしかない。といったのは

上記のことと関係していると思う。

 

石黒浩との対談。

 

ドイツはヒューマノイドに対して

否定的な見方がある。

 

ドイツ憲法第1条には

人間の尊厳が書いてあり 

第二次世界大戦の反省から

人間の概念が強いドイツ。

 

人間の概念がなくなれば

迫害へと繋がっている。

 

ヒューマノイドは

人間の尊厳に関わることになる。

 

ドイツには見えない皇帝がいて

それが哲学なのである。

 

 

 

死刑囚の母に問う~和歌山毒物カレー事件20年~ を見て

www.nhk.or.jp

 

社会をしんかんさせた無差別殺人事件。林真須美死刑囚は今も一貫して無実を訴えている。長男・孝一さん(30歳・仮名)は、事件が起きた和歌山にとどまり素性を隠しながら拘置所の母と手紙のやりとりを続けてきた。母との関係を断ち切るべきかの苦悩、周囲からの攻撃、自らの将来などさまざまな葛藤を抱えながら事件と向き合ってきた孝一さんは20年目の今年の面会で、これまで聞けなかった「問い」を母にぶつけようとしていた―

 

 

和歌山カレー事件でよく言われるのが

動機なし、証拠なし、自白なしで

死刑にしていいのかという問題である。

 

息子の立場としても

どうしていいのかわからない。

 

林真須美さんが

毒物混入させていて自供もしていたら

息子としてもいろいろやることがあるが

わからないのでどうしようもない。

 

林真須美は

夫婦で保険金詐欺をしていたことは認めているのに

カレーに毒物を入れたことは認めていない。

 

息子が幼少期の思い出を語る。

4人の子供がいる仲の良い家庭。

 

自分の家庭よりも幸せな家庭である。

 

林真須美さんが インタビューで

和歌山カレー事件に答えている様子。

 

私はやっていないことをハキハキ喋る、

田舎のおばちゃん。

嘘をついている犯人の供述とは思えなかった。

 

話し方がスムーズだったのである。

しかし、保険金詐欺もしているので

そういった嘘をつくことに慣れているという

見方もできるかもしれない。

 

結婚が破断した息子。

事件を忘れたい住民。

家族のために縁を切ろうとする林真須美。

 

事件から20年が経ち

報道陣が集まっていたが

当時の報道陣の数と比べると少ない。

その落差がなんとも言えない。

 

番組としては

息子は加害者家族という

視点だったかもしれないが

それが本当なのかさえ

わからないということ。 

 

 

 

サリン事件死刑囚 中川智正との対話 を読んで

 

 

「死刑執行されたら出版してください」と彼は言った-- 松本サリン事件・東京地下鉄サリン事件では日本の警察に協力し、事件解明のきっかけを作った世界的毒物学者。 彼は事件の中心人物で、2018年7月に死刑となった中川智正と15回に及ぶ面会を重ね、その事件の全容を明らかにした。 中川氏との約束に基づき、このたび緊急刊行。

第1章 サリン事件解決に協力する

第2章 オウムのテロへの道のり

第3章 中川死刑囚との面会

第4章 中川死刑囚の獄中での生活

第5章 オウムの生物兵器の責任者、遠藤誠一

第6章 オウムの化学兵器の中心人物、土谷正実

第7章 麻原の主治医、中川智正

第8章 3人の逃走犯

第9章 中川死刑囚が語るオウム信者の人物像

第10章 上九一色村とサリン被害者の現在

第11章 オウム事件から学ぶ、将来への備え

第12章 中川氏最後のアクティビティ

 

中川智正は医者であった。

そんな彼がなぜ毒物専門のトゥー先生との

交流することになったのか。

 

トゥー先生からみれば

毒物に詳しい土谷正実のほうが

よかったかもしれない。

 

オウムがサリンを作っているなか

中川はサリン中毒になった土谷を助けたりした。 

そうしているうちに

毒物にも詳しくなっていたのだろう。

 

 

彼はオウム事件で中心的な役割をになった。

 

優秀であるがゆえに

そうなってしまったといえる。

 

性格のよさ、実行力、頭脳、話のうまさ、人当たり、

オールマイティーに能力がとても高かった人物。

 

つまりできる男であった。

 

本の中で

中川がオウムと出会ってなければ

いい医者になっていたというが同感である。

 

今回、オウム事件で死刑囚となった人たちは

オウムに関心を持たなければ

世俗的にも精神的にも良い人生を送ったに違いない。

 

若いころ、誰にでもある

社会に対する不信感がオウムと共有してしまった。

それがすべての間違いである。

 

中川智正の言葉からは

頭の良さも感じた。

 

「麻酔の量が多いのではなく、

 麻酔の状態が長すぎたのである。」

 

「裁判では冷静に話したいので

 いきなり呼び捨てにせず

 麻原氏と呼んだ。」

 

いちいち細かいようにも見えるが

間違ったことは間違っていると言える人物で

論理的である。

 

中川智正の最後のメール。

 

先生の痛風の足が心配です。

日本の死刑制度は恩赦はありません。

私は医者です。

研究に協力しているのは他の人が不幸にならないため。

 

この本のなかでも書かれていることだが

これは中川智正の光の部分しか見ていないかもしれないが

彼が極悪人であるようには思えない。

 

自分的には

人格に関わらず

やったことの罪に対して裁かれるのだと

この死刑を受け入れるしかない。