バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

中国のゴッホ 本物への旅 を見て 

www6.nhk.or.jp

 

世界の名画の複製画の大半を制作しているとされる中国広東省の大芬村。ゴッホを専門にするシャオヨンは、本物を見たいとオランダに行き、芸術の奥深さに衝撃を受ける。 これまで1万枚を超すゴッホの複製画を描いてきたシャオヨンは、自分の自信作がオランダでは土産品として安っぽく扱われている現実を知って落胆。美術館では、自分が知っているつもりだった本物の色使いや美しさに圧倒される。学歴もなく、社会に認められたいと独学で油絵を学んできた絵師は、故郷に戻り、家族や町の風景を描き始めていく・・・

 

分業制でゴッホの絵の贋作を大量に作る中国の人たち。

 

田舎で仲の良い仲間と絵を描く。

気楽な仕事なのかと思いきや

作り直せ!とか仕事の厳しさもある。

 

確かに怒られている人の絵を見たとき

これは似てないと思った。

ゴッホの顎が長いのである。

 

多分、雇うときに

絵は描いていればうまくなるから

今実力がなくてもいいだろうという

考え方なのだろう。

 

シャオヨンさんは 

20年以上も本物のゴッホの絵を見たこともないのに

生活のために贋作を描き続ける。

お金のために絵を描いている感じがして

とてもよい。

 

オランダに行き、自分たちの絵が売られていた。 

自分たちが描いた絵は400元で売っていたが

オランダでは4000元で売っていたことに

ショックを受ける。

 

しかし、

ゴッホの本物の絵を見てから

絵に対する情熱が大きくなり

贋作ばっかりだった絵も

肖像画や風景画を描くようになった。

 

生活のために贋作を作っていたのに

ゴッホの本物の絵を見てからは

お金というよりも

すごい画家になりたくて

絵を描くという意識になっていた。

 

ドキュメンタリーとして

人が変わっていく様子を見れることは

とても素晴らしい。

 

シャオヨンさんが描いたゴッホの贋作。

自分が見てもすごい似ていると思った。

 

オランダでも売れているので

他の人が見ても似ていると思うだろし

オランダで販売していたオーナーは

本物とすり替えてわからないと言っていたほどである。

 

しかし、

シャオヨンさんは本物の方がものすごいという。

比較するのもおこがましいと。

 

絵の違いは

本当に絵が好きな人でないと理解できない。

 

 

 

クロ現 ツイッターCEOが語る “つぶやき”の光と影 を見て

 

www.nhk.or.jp

 

ツイッター社のジャック・ドーシーCEOが来日、NHKの単独インタビューに応じた。神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が見つかった事件で、“SNS社会の闇”を指摘されたツイッター。さらに、今、差別的な書き込み“ヘイトツイート”が相次ぎ、ツイッター社への抗議も発生している。もはや「公共空間」となったツイッター。ドーシーCEOは、「表現の自由」と「規制」の狭間でどんなビジョンを示すのか?徹底インタビューで迫る。

 

ツイッターのCEOいわく

・ツイッターは公共の場である

・ツイッターはSNSではない

・関心によって集まる場である

・名前はどうでもいい

 

関心によって集まる場であるがゆえに

ヘイトスピーチや座間事件のようなことが

起きる場合がある。

 

そのときツイッター社に責任があるのかどうか。

2ちゃんねるのひろゆき氏がいうには

「僕は場を提供しているだけなので責任はない」

 

韓国人や中国人に対する過激なヘイト。

 

在日コリアンの人たちのアカウントには

勝手にヘイトツイートが送られてくるらしい。

 

確かに自分がその立場だったら

ツイッター社に規制をしてほしいと思う。

 

ツイッター社の対応として

ヘイトをするアカウントを停止にするという

処置を考えている。

 

でもアカウント停止では解決しない。

なぜならまた、

新しいアカウントを作るからである。

 

ストーカーは

警察に注意されたら8割、9割方は

やめるらしい。

 

ヘイトをツイートしている人も

警察に注意されたらやめる人が多いのではないか。

 

警察によるネットの監視は必要なとなっていくが

行きすぎるという危険性が出てくる。

 

なにがヘイトで

なにがヘイトでないか。

それを判断するのが

人工知能となっていくだろう。

 

都市伝説みたいな話だが

ネットのコメント投稿によって

人工知能が人間を選別する。

 

たぶん、これがヘイトを

根絶させることが方法なのではないか。

 

 

 

新約聖書 を読んで

 

 

 

新約聖書を一通り読んで見た。

しかし、ヨハネの黙示録は読んでいない。

 

ヨハネの黙示録を読まなかったのは

その章にイエスの教えに関する部分は

書かれていないと感じたからである。

 

 

高校生のときに

無料で新約聖書がもらえるということで

もらった記憶があるが

当時は全部読もうとは思わなかった。

  

マタイによる福音書

マルコによる福音書

ルカによる福音書

ヨハネによる福音書

 

この4つの福音書には

イエスについて書かれており

だいたい同じような内容である。

 

新約聖書はとにかく長い。

ただ、その読んでいる間

ずっと神を意識することになる。

 

この本のイエスの言葉には

よく注釈が書かれている。

 

イザヤ書、レビ記、詩篇などから

ナザレのイエスは言葉を引用している。

 

とても熱心なユダヤ教徒だったことが

よくわかる。

 

旧約聖書からのたくさんの引用をみると

新約聖書を学ぶためには

旧約聖書も理解する必要があるのだろう。

 

「隣人を自分のように愛しなさい」とは

イエスの言葉と思っていたが

旧約聖書にすでにそういった教えがある。

 

行き過ぎたユダヤの律法に関して

異議を唱えるイエスは

ユダヤ教の改宗者だと言っていい。

 

使徒言行録になると

イエスと直接会っていない

パウロらが書いた書簡が元になっている。

パウロは文章がとても上手である。

 

ただ、パウロの考えたことが

本当にイエス・キリストが

伝えたかったことなのかという疑問が出てくる。

 

しかし、イエスがパウロを選んだので

パウロ書簡もイエスの教えと考えるべきなのだろう。

 

イエスが言ったユダヤの新しい教えと

パウロが書いたキリストの教えが

合わさった教えが、キリスト教である。

 

キリスト教の教祖は

イエスではなく、パウロであると

よく言われるが新約聖書を読むと

なんとなく理解できる。

 

 

 

 

火の鳥② 未来編 を読んで を読んで

 

 

西暦3404年。時間軸で考えた場合の火の鳥の結末にあたる作品。人類は25世紀を頂点として衰退期に入り、文明も芸術も進歩が少しずつ停止、人々は昔の生活や服装にばかり憧れを抱くようになり、すでに30世紀には文明は21世紀頃のレベルまで逆戻りしていた[7]。地球人類は滅亡の淵にあり、他惑星に建設した植民地を放棄し、地上に人間はおろか生物は殆ど住めなくなっていた。人類は世界の5箇所に作った地下都市“永遠の都”ことメガロポリス「レングード」(レニングラード:ソ連)「ピンキング」(北京:中国)「ユーオーク」(ニューヨーク:アメリカ)「ルマルエーズ」(マルセイユ:フランス)「ヤマト」(大和:日本)に移り住み、超巨大コンピュータに自らの支配を委ねていたが、そのコンピュータも完璧な存在ではなく、コンピュータ同士で争いが起き、メガロポリス「ヤマト」と「レングード」の対立[8]から核戦争が勃発した。しかし実際には、その核戦争と無関係であるはずの「ピンキング」,「ユーオーク」,「ルマルエーズ」まで超水爆で爆発し、地球上に5つあった全ての地下都市が消滅し、人類が滅亡してしまう[9]。生き残ったのはシェルターに居た主人公の山之辺マサト達数人であった。その後、山之辺マサトの意識は体外離脱し、火の鳥により、宇宙の構造と、人類の滅亡が生命の歴史のリセットを目的として実行されたことを告げられ、生命を復活させ正しい道に導くために永遠の命を授かる。仲間達が次々と放射能や寿命により死んでいく中で、山之辺マサトだけは永久に死ねない体のまま苦しみ、悶えながら生き続ける。途方も無い時間をたった一人で過ごす中で、マサトは地球の生命の復活を追究し続け、やがて一つの答えにたどり着く。

 

地上に住めなくなって

地下都市に住む人間。

 

ムーピーという

人間にイメージ映像を送る生物。

 

生身の女性でない、

愛してくれる女性を好きになる。

 

機械の指示によって動く人間。

 

生物自体を作ろうとする博士。

 

現代のVRや人工知能、

医療科学を予見している感じがした。

 

それぞれ都市が持っている

人工知能の中枢同士にコミュニケーションさせた

結果が戦争である。

 

人工知能が人を殺すと危惧されるが

人工知能同士が

戦争するという決定をした場合どうすればいいのか。

 

そんな問いが出てくる。

 

高度に発達した生物が

科学爆弾によって種が滅んでいき

また、進化論によって繰り返される。

 

手塚治虫は

宇宙生命という考えに

とてもシンパシーを感じている。

 

地球は生命であり

人間、動物、草木、微生物は

地球で暮らす生命の一部。

 

要するに

人間で言えば細胞が

生きているようなものである。

 

 

 

世界政治 裏側の真実 を読んで

 

 

 

権力者は裏でつながっている! トランプ米大統領誕生後、激変する世界と日本の“今"がわかる! トランプ(アメリカ)、プーチン(ロシア)、習近平(中国)……。権力者たちの共同謀議(コンスピラシー)とインテリジェンスの正体とは!? 緊迫する国際情勢の深部を日本最高知性の2人が縦横無尽に語る。メディアでは絶対に伝えられない真実が満載! 日本文芸社のベストセラーシリーズ、第4弾。 ●2018年4月にアメリカが北朝鮮を空爆する ●欧米との戦いに打ち勝ったプーチン ●第2次ヤルタ体制と拡大するテロリズムの行方 ●諜報大国イギリスのインテリジェンス能力を読む ●安倍政権のコンスピラシーを暴く

 

 

コンビニで売ってそうな

都市伝説本に近い感じがするが

なぜか説得力がある。

 

トランプ政権の黒幕は

ヘンリー・キッシンジャーであること。

 

ヒラリーが当選していたら

中国とアメリカの南シナ海の問題が大きくなって

世界戦争が勃発していたなど

なかなかのものである。

 

佐藤優という

元外務省、主任分析官の肩書きのせいなのか

説得力を持ってしまう。

 

そういったトンデモ説であっても

本当に現実問題として

思えるのである。

  

副島隆彦さんの本を共著ではあるが

初めて読んで

陰謀論的なものを信じている人のような気がする。

 

読み物としては

陰謀論的なものの方が

読んでいて面白いし話のネタにもなるが

果たして、どこまで信じていいのかがわからない。

 

 

 

キリスト教会での銃乱射事件について 

www.christiantoday.co.jp

 

たとえ祈っても、クリスチャン、しかも日曜日に教会で礼拝をささげているクリスチャンの命を守ることができないのであれば、神に祈ることは無駄なのか――。米テキサス州サザーランドスプリングスの教会で26人が死亡する銃乱射事件が発生した後、ソーシャルメディア上でそんな議論が起こり、著名な牧師たちも応答した。

 

上記のネット記事を読んで

キリスト教に興味がある自分としては

いろいろ思うことが出てくる。 

 

平和を祈る教会で

なぜ不幸な出来事が起きるのか。

 

日本でもそのような出来事は起きていて

キリスト教信仰がある長崎で

原爆が落とされている。

 

上記の記事の牧師や神父さんの意見は

「犠牲になった方々は神の愛によって天国に行った」

ということである。

 

しかし、現実問題として

教会に通っていたクリスチャンは犠牲になった。

 

そもそもクリスチャンは

ひどい目にあってきた歴史がある。

 

原始キリスト教の殉教の時代や

カトリックとプロテスタントの対立、

日本のキリシタン弾圧。

 

 

不幸な出来事が起きるとき

神学で言われること。

・悪魔が神に勝った

・神の計画はわからない

・祈り方が間違っている

・すべての出来事は事前に決められている

 

スピリチュアルの世界では

神聖なる二分法といって

世の中に悪があるから、光を表現できるという考えである。

 

いろいろと考えるのだが、

クリスチャンがなぜ犠牲になるのかという問いには

他の人々だったら犠牲になっても仕方がないという思考が

奥底にあるのではないかということ。 

 

祈っている自分たちは助かるはずだ。

しかし、その祈りに愛があるとは言えない。

 

天皇は四方拝というのをする。そして、

「日本や国民への災いは

 天皇のお体を通してからにしてください」

と祈るらしい。

 

これはイエス・キリストが

十字架にかかり人のために犠牲になった

という考えと似ていると思う。

 

教会で銃撃にあったクリスチャンたちも

他の人の犠牲になったのかもしれない。

 

そもそも、クリスチャンにとって

祈ることは損得勘定ではない。

 

クリスチャンにとって祈ることは

キリストのようになりたいと願うことだと言える。

なぜなら

イエス・キリストは生き方としてのお手本だからである。

 

それが自分の今の考えである。

 

 しかし、新約聖書には

「祈り求めるものは、すでに叶えられたと信じない」とある。

 

他にも聖書には

神は祈りに答えてくださると

書いてある箇所はたくさんある。

 

 

 

 

あぶない一神教 を読んで

 

 

 

世界の「混迷」を解き明かす最強の入門書 一神教世界はかなり「あぶない」。だが日本は、もっと「あぶない」。ではどうする! ?(社会学者・橋爪大三郎) 大陸から隔絶された島国で暮らす日本人にとって、いま何が足りないのか。目に見えない知を論理的に突き詰めて、超越的な世界を知ろうとする態度―― 一神教に対する理解だと思うのです。(元外務省主任分析官・佐藤優) 9.11テロから「イスラム国」誕生まで。キリスト教世界とイスラム教世界の衝突が激しさを増している。だが、歴史を遡れば、両宗教は同じ「神」を崇めていたはず。どこで袂を分かち、何が異なり、なぜ憎しみ合うのか。社会学者・橋爪大三郎氏と元外務省分析官・佐藤優氏による白熱対談。 キリスト教徒23億人。イスラム教徒16億人。世界の半数を占める一神教信徒のルールを知ることで、日本人が国際社会で闘うための術が見えてくる。

 

あぶない一神教。

本のタイトルはこんな感じだが

一神教を擁護する内容かと思いきや

ちゃんと危険性についても向き合っている。

 

宗教とは教義というものがある。

この教義を守ることが大事となる。

 

しかし、

逆に言えば教義に書かれていないものは

やってもいいということにもなるし、

教義に書かれていることならば

やってもいいとなる。

 

つまり解釈によって宗派が分かれ

それが現実としての行動となる。

 

キリスト教で、イエスがペトロに

魚を釣って銀貨を得なさいという話。

 

神様はすべての金の流れがわかっている。

だから資本主義の肯定と捉えることができる。

 

でも、それがいきすぎた資本主義となり

持てる者と持てざる者の格差を容認することとなる。

 

 

国家間の恨みというのがある。

 

日本が朝鮮半島や中国に侵略し

恨まれているのは国家間の問題である。

 

しかし、宗教にも似た様な恨みがある。

 

キリスト教徒がやった

十字軍遠征などは宗教の恨みである。

 

アフガニスタン戦争も

アフガニスタンがアメリカに攻められたが

イスラム教圏にキリスト教徒が攻めてきたと

捉えられてもおかしくはない。

 

ヨーロッパは

キリスト教圏というアイデンティティで団結している。

 

だから、フランスとドイツ、イギリス

国家の間ではいろいろあったが

キリスト教圏という価値観で

まとまることができるのだろう。

 

イスラム教は信仰がすべてである。

だから自分がイラク国民やシリア国民というよりも

イスラム教スンニ派、イスラム教シーア派という

意識が強い。

 

そのアイデンティティを理解しないと

イスラム社会がわからなくなる。

 

イスラム教徒とは

すべてがテロリストではなく

ほとんどは性格の良いイスラム教徒だとよく言われる。

 

しかし、どこでどう考えが変わってしまい

テロリストになってしまうか、わからない。

 

一神教に限らず

宗教はある意味危険である。