誤謬日記

祈れ、働け、学べ。

Nスぺ AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン 第4回 超未婚社会 を見て

www.nhk.or.jp

 

マツコ・デラックスと有働由美子の強力タッグと、NHKが独自に開発した人工知能 「AIひろし」がぶつかり合い、日本が直面する課題の解決策を探るシリーズ、「AIに聞いてみた」。第4回のテーマは「超未婚社会」。恋も結婚も個人の自由・・・ですが、日本の大きな課題「少子化」に直結する問題でもあります。 いま日本の婚姻率は過去最低を記録。男性の4人に1人、女性の7人に1人は生涯独身という、“超未婚社会”ともいうべき状況。少子化の原因の9割が婚姻率の低下にあるという研究も発表されています。 しかし、どうしてこれだけ未婚社会になったのかは、実は研究者も全貌がつかめていない大きな謎。これまでは男性の収入の不安定化や女性の社会進出、保育所問題などが原因とされることが多かったのですが、AIはいままでの常識とは異なる意外な要素を導き出してきました。それは「健康と結婚の関係」、「家電量販店と交際相手」・・・などなど、一見全く関係のないと思われるものたちの「つながり」。こうした意外なAIの解析結果をもとに、独身のマツコと有働が結婚について大激論。専門家たちと平成最大の難問の解決策を探ります。

 

人工知能によって

意外な関係性が新しく発見できるのは

とてもおもしろい。

 

人間ではとても思いつかない

 関係性が見れる。

 

AIが不健康だと結婚するという説を出したが

考えてみると

危機感があると結婚するという意味ともとれる。

 

いまの日本人には危機感が

足りないということかもしれない。

 

家電量販店に行くと

未来生活を想像し

異性と付き合いやすくなる。

 

ファッションも大事。

 

これは成功者になるにはとか

幸せな人はこういった関係性があるとかも

調べられると思う。

 

人工知能は関係性を的確にできる

システムである。

 

タクシー会社のAIでは

気温、場所、イベントなどの関係性から

乗りたい乗客を割り当てだす。

 

人間がアルゴリズムで動いているなら

その関係性のもとを変えれば

人が変わり

社会も変わるということなのではないか。

 

 

Nスぺ イチロー 最後の闘い を見て 

www6.nhk.or.jp

 

3月21日、東京ドームでのMLB開幕シリーズを最後に、現役引退を決めたイチロー。その決断までの半年間、NHKだけに独占密着取材を許した。取材の中で見えてきたのは、大胆にバッティングフォームを改造するなど、最後まで挑戦を続ける求道者としての姿だった。前人未踏の10年連続200本安打やメジャー通算3000本安打など、数々の偉業を成し遂げてきたイチローだが、その実績以上に、常に理想を追求し、努力を積み上げていく“生き様”に、多くの人々は共感してきた。今回カメラは、神戸の自主トレ、アリゾナキャンプ、東京での開幕戦まで密着。そしてシアトルの自宅で、イチローは胸に秘めた覚悟を語った。稀代のアスリートの最後の挑戦の日々を描く。

 

イチローの言葉

「懸命に生きているです」

 

様々な大記録を打ち立てた

世界最高峰の大リーガーである

イチローは成功者である。

 

しかし、番組を見て思ったのは

結果を出そうと必死にもがく姿である。

 

あの世界的なイチローがもがき

引退前まで一生懸命バッティングフォームを見直し

マリナーズに残ろうとする姿。

 

数年前から

第一線で活躍する選手ではなくなったが

イチローが登場すれば

プレーを見たくなる選手であった。

 

イチローは結果がすごいのだが

長嶋茂雄的な観客に見せるプレーもできる

いわば長嶋さんと王さんを足したような

選手かもしれない。

 

愛犬、一弓のよぼよぼの姿と

イチローの姿がリンクしていた。

 

あの一弓が懸命に生きようとしているなか

イチローも懸命に生きようとしている。

 

引退した場所が

日本の東京ドームというのも

因果関係を感じるし

イチメーターのエイミーさんも来ていた。

 

第二回のWBSの決勝打のとき

安打記録更新したときの

ジョージ・シスラーの家族がいたときとか

イチローには

なにかそういうものを引き寄せる力があるのだと思う。

 

 

 

新年号が令和と決まったときのこと

その日は、夜勤のため寝ていたが

不思議と午前7時に起きて

テレビをつけて発表を待っていた。

 

令和と聞いたとき

意外性があったが、

かっこいいなという印象を受けた。

 

元号発表に関して

日本国民のほとんどが気になり

その元号発表のゲームに参加している。

 

やはり日本人は祭りが好きで

国民の統一性のすごさを目のあたりにした感じがした。

 

元号なんて不便だから

やめてしまえばいいと言っているのは

ホリエモンぐらいしか見当たらない。

 

令和元年、令和1年、令和10年。

 

そういったことで

出来事が記録されていくよりも

2025年、2030年というふうに

西暦で出来事は記録されていくのだと思う。

 

しかし、あえて元号を使うことで

西洋文化、世界基準とは一線をかくすことが

日本の魅力であるともいえる。

 

猪瀬直樹さんが言うには

元号が使われていなくなっているのは

天皇の影響力が小さくなっていることらしい。

 

でも、そんなこともないような気がする。

天皇の重要性は年々増している気がする。

 

世界基準、世界がみなアメリカ的なものに

統一されていき、

自国のアイデンティティが薄くなっているなか

天皇は日本人にとって

なくてはならない大事なアイデンティティであることは

間違いがない。

 

元号を使っているのは

日本と台湾と北朝鮮の3か国しかないと聞いた。

 

元号はもともと中国が発祥だが、

隣国する国々がいまも継承しているのである。

 

この3か国は

やはり世界とは一線をかくしている。

 

台湾は中国の一部でないと自己を確立しているし

北朝鮮も世界基準ではない。

 

日本も同じようなものかもしれない。

 

 

 

詐欺の子 を見て 

www.nhk-ondemand.jp

 

1人暮らしの光代(桃井かおり)は、警察のオトリ捜査に協力、14歳の「受け子」の和人(渡邉蒼)の逮捕に貢献する。和人の取り調べが進み、「見張り」の遠山(長村航希)も逮捕される。様子を伺うため、裁判所に傍聴しにいく「かけ子」の大輔(中村蒼)。するとそこに証人として光代が現れる。光代は、以前振り込め詐欺にあっていた。大輔は光代の証言を聞くうちに、金銭だけでなく、家族の絆が引き裂かれる被害者の苦悩を知る。

 

詐欺にかかわることになる若者が

みんないい人であった。

 

自分の実家が貧しく

母親に良い暮らしをさせたい思う若者、

日々の生活がなんとなくつまらない中学生。

 

友人や学校の先輩からのつながりから

詐欺の仕事に発展していく。

 

取材をもとに

ドラマが作られたので、そういう事例が

たくさんあるように思える。

 

裁判所で、

後輩がやめたくてもやめさせてもらえない思いから

自ら警察に捕まったと知ったとき「ごめん」と謝るシーン。

 

自らもやめたくてもやめられない立場だっただろうし

人を思いやる気持ちはあるのだと思う。

 

下っ端だけが捕まり

上の人たちは捕まらない。

 

そして、オレオレ詐欺行為が

詐欺を働く人たちだけでなく、

名簿屋、不動産なども関わっている。

 

詐欺被害が1日1憶円ほどとなっているのは

一部の組織だけでなく

複数の別の組織がかかわっているからに違いないのかもしれない。

 

高齢者の方にとって

子供、孫がどんな仕事をしているのか

知らないということも関係している。

 

仕事で失敗し

お金が必要になった。

 

株で大損して

お金が必要になった。

 

高齢者の知らない世界を匂わしたり

家族関係が希薄になっている社会であるがゆえの

詐欺被害であった。

 

 

 

NYタイムズの100日間 ~トランプ政権とメディアの攻防~ を見て

www6.nhk.or.jp

 

ニューヨーク・タイムズ紙の本社編集部とワシントン支局にカメラを据え、トランプ政権の最初の100日間との攻防に密着。「ロシア・ゲート疑惑」のスクープで政権を追及! 三権の監視役たる「第四の権力」と呼ばれるメディア。その代表格NYタイムズ紙を、トランプ大統領は “フェイクニュース”“大衆の敵”と敵視する。就任演説に始まる100日間に密着した話題作を前後編で放送。前編は、特ダネ連発のエース記者に加えて、“トランプ番”のベテラン女性記者を中途採用するなど、政権を揺さぶり続ける“記者魂”を描く。ライバル紙に出し抜かれた後、ワシントン支局長や本社トップの編集長はどう動く?

 

トランプ政権が誕生してから

NYタイムズの記者たちの仕事の様子。

 

激務となり

ワシントン・ポストとスクープ合戦となり

疲弊しプライベートもなくなる。

 

トランプが発言するたびに

記事が作られ

何が重要なニュースなのか

判断できなくなってしまう。

 

いままでの政権の延長線上で取材し

記事を書くスタンスではとても追いつかず

嵐のような状態。

 

 

なぜならトランプから

誰も目が離せないからである。

 

トランプのことを記事にすると

アクセス数が確実に増えるという現状があり

 

やめることができない。

 

しかも政治なので

報道をしないこともできないという

ジレンマがあるかもしれない。

 

メディアの変革の時期、過渡期

(人工知能が記事を書くなど、紙媒体の衰退、ネット記事)と

トランプ政権の報道姿勢が成立するのが難しく

メディアの在り方も変わるような気がする。

 

 

 

surfacePro6を購入して後悔した話

メインPCを

iMacからsurfacePro6にしたが

やっぱりApple製品の素晴らしさを実感するという結果になった。

 

まず第一に画面の大きさであり

iMacならいろいろなアプリケーションを開きながら

いろんな作業ができるが

surfacePro6だと一画面に1アプリしか作業できない。

 

気のせいか、読み込みも遅い気がしている。

 

surfaceProはやっぱり

キーボードが打ちにくい。

 

キーボードを打つたびに

キーボードが揺れているのである。

 

次に音質。

音質なんてどうでもよくて

音が出ればいいなと思っていたが

surfacePro6の音は

使っていたiMacと比べると悪いのがすぐわかる。

 

そして、iPhoneを使っているので

相性がiMacの方が断然いいのである。

写真の読み込みが、すんなりいくのである。

 

いろいろ考えてみたが

Microsoft製品とApple製品という比較ではなく

画面の大きさ、音質、キーボードのスペックが良い方が

使いやすいということなのだろう。

 

 

 

自律神経失調症っぽいのを強気で治した

 

www.basyanuko.com

 

めまいを起こし、

また再発するかもしれないという

不安からか自律神経失調症っぽいのになった。

 

・夜たくさん寝ても、昼にまた眠くなる。

・食欲がない

・頭が回らない

・ものすごいほどの吐き気

・倦怠感

 

これが2週間ぐらい続き

さらに、不安になり症状が悪化していった。

 

そんななか

YouTubeで斎藤一人の強気健康法というのを知る。

 

思ってなくても

ただ「強気、強気」と連呼していれば

健康になるというものである。

 

病気と友達になってはいけない。

 

確かに病気であるという自己イメージを持っていたら

治るものも治らなくなりそうである。

 

試しに「強気、強気」と

口でも心の中でも連呼しまくっていたら

わかりやすい症状の吐き気がなくなっていった。

 

夜きちんと眠れるし

いつも頭が回らないという状態からも回復した。

 

病は気からというが

この気は言葉によって左右される。

 

もし、このまま病院に行ったら

「あなたは自律神経失調症です、薬出しときます」

といわれ、治っていたかもどうかもわからない。

 

嘘みたいな話だが

「強気、強気」といい続け

症状がよくなったのである。