バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

NHKスペシャル 戦慄の記録インパール を見て

www6.nhk.or.jp

 

相手の戦力や兵站を軽視した無謀な戦いで甚大な死傷者を出し、旧日本軍の体質を象徴的に示したとされる「インパール作戦」。「援蒋ルート」の遮断を主目的とし、ミャンマー(当時ビルマ)からイギリス軍の拠点があったインド北東部のインパールの攻略を目指した日本軍は、この作戦で歴史的敗北を喫した。餓死・戦病死した日本兵の死屍累々が並んだ道が「白骨街道」と呼ばれるほど凄惨な戦いの実態はどのようなものだったのか。これまでインドとミャンマーの国境地帯は戦後長く未踏の地だったが、今回、両政府との長年の交渉の末に現地取材が可能となった。さらに、新たに見つかった一次資料や作戦を指揮した将官の肉声テープなどから「陸軍史上最悪」とされる作戦の全貌が浮かび上がってきた。数々のスクープ映像と新資料、証言からなる「インパール作戦」の全記録は、決して忘却してはならない悲劇の記憶を、未来へと継承していく。

 

恥ずかしながら

インパール作戦というものを

初めて知った。

 

この無謀な作戦の責任はどこにあるのか。

大本営は下の部隊が勝手にやったといい、

現場の部隊は大本営から許可を得たという。

 

まるで、

三菱自動車の不正燃費問題と似ている。

 

だが、これは日本だけの事情というわけではない。

 

www.basyanuko.com

 

アメリカだろうが、どこの世界でも

結果を強烈に求められたり

自分のメンツが脅かされる仕事となれば

ルールやプロセス、倫理がおざなりになっていく。

 

3週間ほどの

短期決戦だということで仕掛けた戦争だが、

食料がなくなっても、武器がなくても

雨季が始まっても、やり続ける。

 

上司の叱責には論理的な根拠がなく、

精神論で現場の声を潰していく。

 

「食料が調達できません。」

「お前には大和魂がないのか?」

 

精神論のすごいところは

反論できないことにある。

 

番組ではおもに

司令官である牟田口廉也について

焦点を当てていた。

 

戦後、牟田口はイギリス将軍が

インパール作戦を評価したことについて

喜んでいたという。

 

同胞が無残に亡くなっていても

敵国だった相手だろうが

他人からの評価が気持ちよかったのだろう。

 

人は誰でも承認欲求というものがあり

他人からの評価を気にするものだと思う。

 

出世するにも他人の評価が必要だし、

仕事が良いか悪いかも

他人からの評価で成り立っている。

 

 人生は他人からの評価で

成り立っていると言ってもいいかもしれない。

 

この他人からの評価が

戦争中では特に大事になってくると思った。

 

いつ自分が

死ぬかもわからない状況では

他人から気に入られて

死なないポジションに付くことが

 

大事になってくるのだろう。

 

 

戦争では

よく日本兵や米英兵の

悲惨な状況が伝えられるが

現地住民の方々も

多大な被害を受けていた。

 

 

 

悪の正体 修羅場からのサバイバル護身論 (朝日新書) を呼んで

 

 

 

外務官僚として経験してきた修羅場の数々、 半世紀にわたるキリスト教信仰と心に刻み続けた聖書の言葉。 一般人には想像もつかない「地獄」を見た生身の体験と 深められた考察から掴んだ「悪」の正体に迫る!  悪を切り口に「生き延びるための知」を伝える一冊。  「私に悪の本質を実地で教えてくれたのがゲンナジー・ブルブリス元ロシア国務長官だ。 ブルブリスは、ソ連崩壊前後にエリツィン・ロシア大統領の最側近だった政治家だ。 ソ連崩壊シナリオを描いた一人でもある。 ブルブリスと親しく付き合うことを通じて、私は政治権力の文法を体得することができた。 この経験は、日本に帰ってから、首相官邸や永田町(政界)の動向を観察する上でもとても役に立った。 ブルブリスに教えられたことは、悪は「善の欠如」(アウグスティヌス)などという 生やさしいものではなく、自立した恐ろしい力を持つということだ」

 

著者の佐藤優氏は

クリスチャンであり

キリスト教からみる

悪に対する処方箋を論じていた。

 

《サバイバル護身論・7つの法則》

~悪を知ることは、同時に、悪からの救済を知ることでもある~

◆法則1:悪に無自覚であってはならない

◆法則2:欲望は自力でコントロールせよ

◆法則3:不当に人を利用してはならない

◆法則4:正しいことをしても酷い目に遭うことがある

◆法則5:反応し過ぎてはならない

◆法則6:目に見えるものだけが真実ではない

◆法則7:専門家と称する人物の行動を見続けよ

 

悪とは、観念ではなく

実在するもので

特に人間関係のなかで起きる。

 

悪の正体という本のタイトルではあるが

人間関係に関する本ともいえる。

 

 

人間関係はつねに問題である。

 

他人にあんまり深入りしない方が

いいような気がするが

生活を送っていくうえで

そういうわけにもいかない。

 

キリスト教的な考えから

他人を助けるということを

軸に考えればいいのかもしれない。

 

佐藤優氏は

本を読んだり書いたり

忙しい生活を送っている。

 

外交官時代の仕事のときや

鈴木宗男事件のときも

心の支えとなったものは

聖書の言葉であった。

 

「受けるより与える方が幸いである」

 

生活で起きる

嫌な出来事よりも

信仰心を軸にすれば

悪に引きづられることはない。

 

 

旧約聖書では

神が人間に試練を与える話が出てくる。

 

悪に引きづられそうになったとき

これは神からの試練だと

信じることも一つの考えである。

 

 

 

 

BS1スペシャル「なぜ日本は焼き尽くされたのか~米空軍幹部が語った“真相”」 を見て

www.nhk.or.jp

 

72年前、日本はなぜ焼け野原になったのか?アメリカ軍を取材中の今年4月、米軍内施設で半世紀以上前の空軍幹部246人の肉声テープを発見。日本への空爆を計画し実行したカーチス・ルメイなど幹部の貴重な証言だった。軍内の記録用インタビューのため、野望や焦りなど本音が赤裸々に語られていた。膨大な予算のB29開発の失敗。陸海軍との対立や屈辱。米大統領の圧力。後のない空軍幹部たち…日本への無差別爆撃の真相に迫る

 

日本が焼き尽くされた理由。

アメリカ空軍の地位向上という

名目があったということ。

 

アメリカ空軍ができたのは

1947年であり

日本と戦争する前は

陸軍や海軍のサブ的な役割であった。

 

この空軍の地位を向上させるためには

日本との戦争で成果を上げなければならない。

 

当初のアメリカは

倫理的にナチスと一緒にならないように

日本の軍需施設のみを空爆する

精密爆撃をしようとしていた。

 

しかし、

B29の高度1万mから空爆には

日本の上空のジェット気流や

厚い雲があり

精密爆撃がうまくいかなかった。

 

結果がでなかったため

ルメイ将軍が任命される。

 

大統領やアーノルド空軍元帥の

現場への圧力から

日本の一般市民への空爆を決行する。 

 

沖縄戦でアメリカが勝利すると

鹿児島まで攻撃対象になっていく。

 

地方都市まで空爆したのは

本土上陸作戦で

陸軍と海軍が必要ないと

示したかったからだという。

 

感想

アメリカも最初は

日本の一般市民を攻撃対にしてなかったが

結果がほしい上司からの圧力によって

おざなりになっていった。

 

三菱自動車の燃費不正問題と

とても似ている。

 

現場を知らない上の組織の圧力によって

それまでルールとされていたものが

破られていく。

 

ルメイの上司はアーノルド。

アーノルドの上司はミッチェルという人物。

 

ミッチェル(市民を攻撃対象にするようにした)

アーノルド(米軍空軍としての独立と自身の評価)

メイ(現場の空爆支持者)

 

自分がどういった職場倫理を持っているかは

上司や尊敬する人物の影響力が大きい。 

 

 

 

BS1スペシャル「幻の原爆ドーム ナガサキ 戦後13年目の選択」 を見て

www4.nhk.or.jp

 

かつて長崎にも“原爆ドーム”があった。爆心地近くにあった教会・浦上天主堂だ。戦後、原爆の悲惨さを語る遺構として、注目されていた。長崎市はずっと保存する方針だったが、突如、長崎市長と教会のトップが取り壊しを主張。市民の反対運動もむなしく、姿を消すことになった。決断の背景には何があったのか?長崎市と教会、二人のトップの足跡をたどってアメリカへ。さらに当時を知る関係者を徹底取材。大いなる謎に迫る。

  

原爆ドームと並ぶ

原爆被害の象徴であった

浦上天主堂が取り壊された。

 

この取り壊しには

長崎の田川市長と

カトリックの山口司教の

2人のトップが関わっていた。

 

市民が取り壊しに反対するなか

アメリカの意向で取り壊しを決定するなんて

とんでもない2人だと思って番組を見ていた。

 

しかし、

田川市長と山口司教は

市職員と信徒さんから愛されていたのである。

 

心変わりの理由に

2人とも渡米したことがあるかもしれないが

決定的な証拠が見当たらない。

 

原爆の被害を忘れさせたいアメリカと

原爆を忘れたい長崎の信徒さんの考えから

取り壊しを決定したと思われる。

 

信徒さんいわく、

キリスト教は物に頼るのではなく

心が大事だという観点から残すべきでない。

 

被爆した浦上天主堂を見ることによって

神様を恨んでしまうということ。

 

浦上はキリシタン弾圧のなか

信仰を守ってきた聖地であり

原爆被害の象徴は合わないという意見。

 

番組の最後で

旧浦上天主堂の写真に対する

メッセージで

田川市長と山口司教の言葉があった。

 

2人とも被爆した浦上天主堂を

残したかったニュアンスが含まれて

番組を見て行くうちに

2人に対するイメージが変わっていった。

 

原爆被害をうけた浦上天主堂を見て

気持ちが暗くなってしまうことよりも

早く復興したいという気持ちから

取り壊してほしいという意見。

 

今の人々の気持ちよりも

後の世の人の戒めのため

残した方がいいという意見。

 

広島と長崎で

意見が分かれたように思えた。

 

 

 

世界神秘紀行「イタリア エクソシストVS.悪魔」 を見て

www4.nhk.or.jp

 

世界神秘紀行エクソシストVS.悪魔 女優英玲奈が今なおイタリアで盛んな悪魔ばらいの神秘を探る。イタリアで年間50万人が求める悪魔ばらい。2005年から開かれるバチカン教皇庁のエクソシスト養成講座を日本人初受講。イタリア全土で240人いる正式のエクソシストが行う悪魔ばらいの現場にも立ち会う。エクソシストの聖地サルシナで悪魔を見分ける首輪の力とは。悪魔ばらいに効果があるといわれる解放の祈りの神秘。

 

この現代医学が発達した

2017年に

エクソシストを受けたい人が

増えているという。

 

さらに受けたい人に対して

やる人が少なく

エクソシストの人手不足状態だという。

 

エクソシストは

カトリック公認の仕事であり

司教のみがなれるという。

そして、講義を受ける必要がある。

 

エクソシストの歴史とやり方が書いてある

ローマ典礼書や自己流禁止。

さらに医学や精神医学などを

学ぶ必要がある。 

 

使用道具は3つ。

・十字架

・アスペリトール(聖水)

・紫色のストラ

 

悪魔に取り憑かれる理由は3つ。 

・食べた物に呪いにかかっていた場合

・色恋によってかかる呪い

・降霊術によって取り憑かれる場合

 

1970年代のドイツで

悪魔祓いのあと

亡くなった女性がいた。

 

その女性の保護者と

やったエクソシストたちは

有罪判決を受けた。

 

聖職者でも

社会のチェックが必要なのである。 

 

 

 

ルルドの泉で を見て

 

 

 なぜ、彼女にだけ奇蹟は起こったのか。  ◆世界最大の巡礼地“ルルド"。 そこは奇蹟にすがる人々が集う場所。 彼女に起こった奇蹟が、人々の歯車を狂わせる・・・ 聖なる地で、ある女性に起こった奇蹟とそれを目の当たりにした人々。 なぜ彼女に奇蹟は起こったのか? そして次第に狂い始める周囲の人々の歯車・・・。 病を患ったとき、将来に不安があるとき、孤独を感じたとき、人は見えない力を信じて希望を抱き、"奇蹟"を願うもの。 ではもし本当に"奇蹟"が起こったら? 奇蹟が現実となったとき、人は思いもよらない行動に出る。 奇蹟の泉が映し出す、人間の光と闇。

  

この映画のポイントは

ときどき定点カメラ撮影に

なっていることである。

 

まるでその場を

観察しているような感覚になり

なぜ彼女に奇跡が起きて

信仰深い人には奇跡が起きないのか。

 

自分なりに答えを出したくなるが

この映画の中では

なぜ彼女に奇跡が起きたのか

教えてくれない。

 

そもそもルルドの泉で

体が治るなんて

神父さんも信じていなかった。

 

神父さんの言葉。

「体がよくなることについて祈るのではなく

 魂がよくなることについて祈りなさい。」

 

信仰心と奇跡は関係ないのかと思いたくなる。

 

敬虔なシスターが倒れてしまい

若いシスターが楽しそうな生活を送る。

 

そういった

きちんと真面目に生活を送っている者が

必ずしも幸せになったり、

奇跡が起こるとは限らない。

 

でも、それは

世俗的な社会でも同じである。

 

自分より性格が悪く、

仕事もきちんとやらない人が

出世したり、お金持ちになったり

良い恋人を見つけられたりすることなど

いくらでもある。

  

一般的に考えれば

不平等で理不尽な展開なのだが

教会というか聖地と呼ばれる場所でも

そういう感じなのだと。

 

映画のなかでは

それが良いとか悪いとかでなく

ありのままに起きたということ。

 

いろいろと

信仰とは何か考えたくなる映画であった。

 

祈ることによって効果を求めるが

ここまでやったから、これをしてくれる

という取引という関係になりそうだし、

祈って効果がなければやる必要がない。

 

 

神父の言葉で

体がよくなることよりも

魂がよくなることについて祈るとあったが

イエス・キリストは

実際に病を体を癒した。

 

 

 

世界を動かす巨人たち <経済人編> (集英社新書) を読んで

 

 

 池上彰が、歴史を動かす「個人」から現代世界を読み解く人気シリーズ、第2弾!   この11人こそが、真の「実力者」だ!  アマゾン、グーグル、マイクロソフト、フェイスブック、アリババ、等々―――。 世界を激変させた創業者たちは、どんな人物で、いったい何を考えているのか?  時に、政治権力者以上の、底知れぬ実力を発揮する大富豪たち。 だが、かれらの来歴や人となりは、よく知られていない。 池上彰が注目するのは、次の11人である。ジャック・マー(アリババ)、ウォーレン・バフェット(大投資家)、ビル・ゲイツ(マイクロソフト)、ルパート・マードック(メディア王)、ジェフ・ベゾス(アマゾン)、ドナルド・トランプ(不動産王、米国大統領)、マーク・ザッカーバーグ(フェイスブック)、ラリー・ペイジ&セルゲイ・ブリン(グーグル)、チャールズ・コーク&デビッド・コーク(ティーパーティー運動の黒幕)。 かれらが何者かを知らずに、国際ニュースは語れない! 

 

世界を動かす巨人たち経済人編。

有名なお金持ちで選んだのではなく

事業が世界に影響を及ぼしているのか

どうかで選んだのだと思う。

 

彼らが携わる事業は

ITやメディアなどがメインであり

それが社会や政治に影響を

及ぼしている。

 

少し前までは

エネルギー産業、発明品で

財を成していた人が

世界に影響を与えていたが

現在はテクノロジーとメディアである。

 

今回、知らない人がいた。

ルパート・マードック。

オーストリアの小さな新聞社の社長だったが

買収による買収で

海外の品の高い高級紙まで買収していき

紙面のレイアウトや論調まで変えていき

人気大衆紙へと変えていった。

 

ただ、落ち目の新聞を買収したのではなく

買収したあと

売れる新聞に変えていき

それがメディア王になった理由である。

 

メディア王を取り上げたのは

池上さんがメディア側の

人間だったのもあると思う。

 

今回、登場した経済人が成功したのは

生い立ちや家族の存在が大きい。

 

コーク兄弟が共産主義嫌いになり

アメリカ政治に関わるようになったのは

父親のソ連での経験があったからであり、

IT分野の経営者が成功したのは

幼いときからコンピュータと

関わっていたことなど

家族の存在や生い立ちなくして

いまの影響力はなかった。