読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バシャヌコ日記

日々の記録と思ったことなど、テレビや映画の感想多め。

そして誰もいなくなった(2017年・テレ朝) を見て

テレビ

www.tv-asahi.co.jp

 

八丈島沖に浮かぶ孤島・兵隊島。その孤島に立つ『自然の島ホテル』のオーナー・七尾審によって10人の男女が島に呼び寄せられる。  七尾からの招待状を受け取りやってきたのは元水泳選手の白峰涼(仲間由紀恵)、元東京地裁裁判長・磐村兵庫(渡瀬恒彦)、元国会議員・門殿宣明(津川雅彦)、救急センター医師・神波江利香(余貴美子)、元傭兵・ケン石動(柳葉敏郎)、元女優・星空綾子(大地真央)、ミステリー作家・五明卓(向井理)、元刑事の久間部堅吉(國村隼)の8人。島に到着するも、ホテルの執事夫婦・翠川信夫(橋爪功)とつね美(藤真利子)からオーナーの七尾は不在であることを伝えられる。  これから何が起こるのか、自分たちはなぜこの島に招待されたのか―期待と不安に包まれながら用意された夕食をとっていると、突如としてどこかから彼らの過去の罪を暴露する“謎の声”が聞こえてくる。  それぞれの胸の内に去来する過去の出来事…。10人が互いの過去を探り合う中、突然招待客のひとりが目の前で殺害される! そしてそれをきっかけとするように、ひとり、またひとりと招待客が殺されていき…?

 

そして招待客たちが島に渡ってから数日後。事件の報を受けた警視庁捜査一課の警部・相国寺竜也(沢村一樹)と八丈島東署捜査課の警部補・多々良伴平(荒川良々)が兵隊島へと向かう。大きな“密室”となっていた兵隊島で発見された10体の他殺体――果たして犯人は誰なのか? そして10人は何のために集められ、殺されなくてはならなかったのか?  かつてない大きな謎に、天才的な観察眼を持つ刑事が迫る…!!

 

犯人を知っていると

また違った楽しみがあった。

 

犯人は判事である。

 

罪があるにも関わらず

法で裁かれなかった人たちを集め

殺していく、これが動機である。

 

最初に蓄音機で、罪状を読みあげるとき

判事が一番最後であったり

事件のことについて

最初に話し始めたのも判事であった。

 

さらに

判事が最初の会議で仕切っている。

 

カメラ割りも

判事のリアクションが多く、

初めて見る人でも

わかりやすくなっているかもしれない。

 

1話、2話と

前半が判事が亡くなっている

ところで終わっていた。

 

そして誰もいなくなった。

イギリスのドラマでは

トリックの解明まではなく

判事が犯人だったところで終わっていた。

www.basyanuko.com

 

今回のドラマはいろいろ新しかった。

 

この原作の小説は

1939何年に書かれたもので

ドローンもなければ小型カメラもない。

映像を見て推理するのも新しい。

 

小説を読んだことがないから

わからないが

ドクターが共犯というのも

今回のオリジナルなのだろうか。

 

共犯がいると

やっぱり真相がクリアになっていく。

 

 

 

恋んトス シーズン5 を見て

テレビ

www.tbs.co.jp

 

恋んトス、シーズン5

気づいたら始まっていた。

 

最初、メンツを見たときに

みんなイケイケな人たちしか

いないという印象である。

 

前のシーズンとかでは

ニコラスとか、あまり恋愛上手ではない

メンバーがいて、そこがよかったのに

今回はちょっと違うなと思った。

 

しかし、

コンちゃんが出てから

おもしろくなった。

 

スタッフも

1人そういうメンバーが

必要だと思ったのかもしれない。

 

多分、自分もパッとしない感じだから

シンパシーを感じるのだろう。

 

コンちゃんが 

薫を好きになるのはよくわかる。

 

恋愛経験が少ない人は

清楚でやさしい感じの女性が

好きになると思う。

 

いま恋愛番組は

テラスハウスと恋んトスぐらいしか知らない。

 

昔のあいのり的な感じで見ている。

 

シーズン3で

カップルとなっていたタクミが

別れていたので

恋愛番組で付き合うのは

そんなもんなのかと思ってしまったが

それは仕方がない。

 

スタジオの VTRをみるタレントの

メンツもいい感じである。

 

サバンナ高橋さんがお笑い担当。

吉沢亮さんがイケメン意見担当。

中村アンさんが若い女性代表。

りゅうちぇると藤田ニコルが

チャラい若者の意見担当。

 

当たり前だが

スタッフはよく考えて

スタジオMCを選んでいる。

 

 

しかし、テラスハウスは

お笑い色が強すぎる。

 

・YOU

・トリンドル玲奈

・チュートリアル徳井

・山里良太

・アジアン馬場園梓

・男性イケメン枠

 

問題は男性イケメン枠である。

 

あれだけお笑いで売れた人を

狭い部屋で集めれば、

圧倒的に迫力が出てしまう。

 

男性イケメン枠の人が

ジョーダンも言えなくなるし

全部、お笑いの人が持っていってしまう。

 

男性イケメン枠の人が

居づらい感じが気になってしまう。

 

テレビとは

発言した者勝ちだと言われれば

そうなのだが圧倒的に不利なのである。

 

テラスハウスは

もうちょっとスタジオキャストを考えないと

いけないと思う。

 

 

 

 

ひさしぶりに銭湯に行った。

雑記

家の近所に銭湯がある。

 

自宅はユニットバスで

いつもシャワーなので

たまに浴槽に浸かりたくなるときがある。

 

肛門を清潔に保つためにも

シャワーだけでなく

浴槽に浸かる方がいいという。

 

風呂に入って

体を温めることが

ストレス軽減にもなるらしい。

 

最近、気持ちが沈んでいたので

リフレッシュがしたかった。

 

マルクスが

労働で疲れたぶんを取り戻すには

休暇と消費しかないと

言っていたらしい。

 

そんなこともあってか

本やゲームを買ったりして

消費をしている。

 

自分は派遣なので

休暇を取ると月給が減らされてしまう。

 

なかなか休暇を取ることは

難しいが、一週間ぐらい取ろうかと思う。

 

そんなこともあってか

銭湯に行った。

 

銭湯の営業時間が

午後3時半から午後11時までなので

午後4時ぐらいに行く。

 

みんな爺さんばっかりであった。

 

自分としては

翌日の2時、3時まで起きて

そこから寝る予定なので

昼間の浴槽だった。

 

しかし、爺さんたちは

午後7時や午後8時ぐらいに

寝るかもしれないので

寝る前の浴槽だったのかもしれない。

 

自分は30分ぐらい

風呂に浸かっていたが

爺さんたちは早風呂な印象を受けた。

 

爺さんは長風呂だという

価値観が崩れたような気がした。

 

銭湯代が480円なので

元は絶対に取ってやろうという

気分であった。

 

自分は比較的

長湯をしたが風呂から出たとき

クラクラした。

 

自宅に戻るときも

疲労困憊でヘトヘトであった。

 

ようするに

体が疲れたのであった。 

 

しかし、精神的には

リフレッシュできたと感じる。

 

体をリフレッシュすることは

結構、重要だと思う。

 

銭湯以外にも

マッサージ、足つぼ、はり、お灸、

整体、ヨガなど、あまりバカにはできない。

 

こういったことは

体を疲れをとるための思われがちだが

精神的な面が大きいのだと思った。

 

 

 

 

マルティン・ルターとシモーヌ・ヴェイユに興味が出てきてる

雑記 宗教・哲学

最近、

マルティン・ルターと

シモーヌ・ヴェイユに興味が出てきている。

 

マルティン・ルターは

名言が多く、どれもその言葉に共感する。

www.basyanuko.com

 

今はルターが書いた岩波文庫の

「キリスト者の自由・聖書への予言」を

読んでいる。 

 

自分が岩波文庫を読むとは

思ってもみなかった。

 

ルターに関する本は

分厚くて解説が難しいのが多い

という印象を受けた。

 

「ルター」という映画があるらしいが

日本語訳はあるのか、どこで借りれるのか

リサーチしている。

 

ルターは

教会関係者であっても

結婚を認めたし

子どもを作ることが

人間の喜びであることを認めている。

 

そういった世俗的なものに

神性をみようとする感じが好きである。

 

シモーヌ・ヴェイユは

哲学者でありながら

マルクス主義を本当の意味で理解しようと

工場の底辺労働を経験する。

 

そういった実際に経験してみて

実情を知っていくことに妙に共感する。

 

2人の共通点は

キリスト教に関わりがあったことと

ジャーナリストであったことだと思う。

 

ルターは

書籍を出版し大衆に宗教改革を扇動していった。

マスメディアを使った

世界で最初のジャーナリストと言われることがある。

 

シモーヌ・ヴェイユは

実際に工場労働を体験し

フィールドワークというか取材をして、

その出来事を結果的に出版することになった。

 

 

 

 

 

最近の松本人志さんについて

雑記 テレビ

 

taishu.jp

 

自分にとって

松本人志は遺書であり坊主であり

番組の企画を作る人であり

他の芸人とは一味違う感じがしていた。

 

中学、高校時代は

松本人志さんの番組を録画して見ていた。

 

どんなおもしろいことを言うのか、

見逃したくないという思いがあった。

 

でも、ダウンタウンのごっつええ感じは見ていない。

そのときは家にテレビがなかったが

あったとしても見ていたかどうか、わからない。

 

 一番好きだった番組は

松紳であった。

 

島田紳助さんと松本人志が

いろんなトークをし

時には哲学的なことも言う

番組が好きであった。

 

すべらない話では

深夜の時間帯にやっていた頃の

夜会という感じがよかった。

孫正義さんも言っていたが

芸人のなかに緊張感がした。

 

しかし、

自分が30歳近くなってきて

お笑いに興味がなくなってきたのか

ダウンタウンDXを見なくなり

ガキ使も見なくなっていった。

 

そして、

松本人志さんも

金髪、筋トレ、ワイドナショー

などから変わっていった。

ガキ使のトークもしなくなった。

 

坊主にした理由について

お笑いをやるうえで

髪の毛がいらないという理由で

ストイックだった。

 

筋トレをする前は

ひょろひょろして不健康な感じがして

それが芸人としてよかった。

 

ガキ使のトークも

ほぼアドリブで自分に負担をかけて

挑戦している姿勢がいい。

 

松本人志さんも

何か思うところがあったのだろうか。

 

よくよく思い出すと

最近、映画も作っていない。

もうあきらめてしまったのだろうか。

 

wikiでみると

松本さんが撮った映画は4本。

 

最初の「大日本人」は

あまりにも世間の期待が大きすぎた。

 

でも、日本の観客からは

あまり理解されず酷評となってしまった。

自分も見たが理解していない。

 

そういった映画の酷評で

変わってしまったのかもしれない。

 

それに、年を取ってくると

批判されることについて

結構、傷ついていくと思う。

 

ワイドナショーという

時事問題を扱う番組では

コメンテーターはときとして

批判の的になることがある。

 

でも松本さんにはそれがなく

見ていて

松本さんの居心地が

良さそうな番組ではある。

 

橋下×羽鳥の番組みたいに

対決形式にした方が

おもしろいかもしれない。

 

 

 

 

麺屋武蔵 新宿店 つけ麺

食事

f:id:basyanuko:20170324233953j:plain

武蔵つけ麺 1120円

 

最近、流行りの

ドロドロのスープではなく

中華屋の定食に出てくる

中華スープみたいな感じであった。

 

醤油ベースで

酢が特徴的であった。

 

麺がつるつるしていて

よく箸が進む。

 

スープの味がとても濃く

麺を最後までつけても

まったく味が薄くならない。

 

平日の午後4時に行ったが

行列ができ外国人の方が多かった。

 

白人の方と中国人や韓国人の方がいた。

まさにグローバルであった。

 

たまたま隣に座った人が白人の方で、

つけ麺の食べ方が下手くそだと思った。

 

スープに山盛りになるまで麺を入れたり

スープにつけず、麺だけで食べたり

半熟卵もスープにつけずに食べていた。

 

アジアで生活していれば

麺の食べ方を知らないことはないが

他の海外では食べ方を知らない場合が

あるんだと思った。

 

 

久しぶりに新宿に行ったら

ホームレスが増えたような気がする。 

 

新宿は5年ぐらい前までは

よく行っていたが

最近は行かなくなっていた。 

 

前もこんなに多かったっけと思う。 

 

行きは山手線で

帰りは渋谷までポケモンGOを

やりながら帰宅した。

 

 

 

定期的にやってくる現実逃避

雑記

現実逃避として

仕事をやめたらどうするか

定期的に考えることがある。

 

最近は、絶対にやりたくないと思っていた

飲食店で働こうかと思い始めている。

 

やるなら、うどん屋さん。

うどんが好きだから。

 

イタリア料理やタイ料理も好きだが

いろいろ調理とかが大変そうである。

 

うどん屋なら、

麺のこね方、茹で方、天ぷらの揚げ方、つゆ。

これだけでいいような気がする。

 

出店場所は海外。

できればヨーロッパである。

 

pinky-media.jp

 

先日のテレビで

元サッカー選手の石塚啓次さんが

うどん屋で成功していたのを

見たからかもしれない。

 

前までは、今の仕事をやめたら

お坊さんとか牧師さんとかが

いいなと思っていた。

 

宗教的なことに興味があるし

悩みなどなさそうである。

フィクションを仕事にしている感がいい。

 

たまに変な方向を考えることがあって

軽犯罪を起こし

刑務所で規則正しい生活を送るのも

ありかもしれないと思うこともある。

 

軽犯罪なら何がいいかとか。

 

でもやっぱり

転職サイトを見て現実逃避をする。

 

これはもはや

現実逃避ではなく

現実にやれることである。

 

ただ、スーツを着るのが

めんどくさいし

面接で学歴のことを

聞かれるのが億劫である。

志望動機を考えるのもだるい。

そして、また新しい人間関係で

信頼を作っていけなくなる。

 

雑談やノリが悪い自分としては

あまりにも従業員同士が仲がいい会社だと

いづらくなってしまう。

 

若い時、

そんな自分を変えたくて

カラオケ店でバイトしたことがあるが

苦痛で1か月以内にやめてしまった。

 

そんなことを考えると

在宅ワークで

ブログ飯とかFXで生活費まで

稼ぐしかないのかと思っている。

 

ブログで飯を食うのは

夢があるが、とても難しい。

 

いまブログで

収益化を試みているが

生活費を稼ぐぐらいまでになるのは

現実的に無理がある。

 

まだアプリ開発で

一発当てる方が簡単だと思えるし

やる気も出てくる。

 

多額のお金で、FXをするため

クレジットカード会社から

50万ほど引き出して

やってみようかと思ったりもするが

これはもう人生をかけた博打となってしまう。

 

もしFXで失敗したら

軽犯罪に染めるしかないのだろうか。

 

軽犯罪に染めるぐらいなら

身辺整理して、海外に行き

日本人のコミュニティがある村まで行って

そこで仕事を紹介してもらうことも可能かもしれない。

 

そこでは、まず言語の問題が出てくるので

簡単な英語ぐらいはできないといけない。

 

東南アジアという

物価の安い国で

FXで生活するのもありかもしれない。

 

もしくは

ゲーム実況のYoutuberとして

大金を稼ぐという現実逃避。

 

ニコニコ動画なら

長時間ゲームをしないといけないが

YouTubeなら短時間でゲームをし

楽かもしれない。

 

仕事で嫌なことがあったりは

必ずこういったことを考える。

 

自分はメンタルが豆腐なのだろうか。

長い人生という目でみれば

いまの仕事のミスは、

ほんの些細なことで取るに足りない出来事だ。

と思ったりもする。

 

仕事としての

現実逃避であるが

彼女いたらどうするかという

現実逃避をすることもある。

 

デート代がかかり

貧困になってしまうので

彼女がものすごくお金持ちで

逆玉の輿に乗るという現実逃避。

 

よく女性は

お金持ちの男性がいいとよく言われるが

それは女性に限ったことではなく

男性もそう思っている人もいると思う。

 

現実問題として

稼ぎが少なくてもいいと言ってくれる

女性がいいと思っている。

 

ただそれでも

自分にとっては現実逃避である。

 

いろいろ現実逃避していくが

やっぱり結論は

仕事にやりがいを見出すのではなく

趣味に没頭していくことと。

いまの仕事を続けられていることに感謝。

ということに落ち着く。